スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lion_Recovery_Disk_Assistant

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

OS X Lion 用リカバリーディスクを作成するためのアシスタント

8 月 9 日、Apple は "Lion Recovery Disk Assistant" をリリースしました。

OS X Lionicon のインストーラはインストール完了と同時に消えてしまうため、インストールディスクを必要とする場合は Lionicon をインストールする直前、或はインストール完了後に独特の手順を踏んでインストーラを再ダウンロードしてから手作業をする必要がありましたが、本アシスタントを利用することでその手間は幾分軽減できそうです。

cap_20110809072707.jpg
【クリックで拡大】

ただ、上図の通り実行に際してディスクの空き領域を要求されるので、空き領域または空きディスクの確保が必須となれば人によっては逆に手間が掛かるかもしれません。
現時点では英語のサポート文書しか公開されていないため詳細まで理解できていません…私が…(汗)

気にならない方は上記サポートページからディスクイメージをダウンロードして文書や画面の指示に従って作業を行ってください。自信のない方は数日以内に和訳された文書が公開されるので、それを待ってから作業されることを推奨します。

[オススメ]もっと知りたいリンゴあれこれ「"Lion Recovery Disk Assistant(Lion 復旧ディスクアシスタント)&qut;でLion Recovery USBメモリを作成。リカバリーUSBメモリからLionをインストールしてみた

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。