スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X_Lionにしてから外付けHDDがスリープしてくれない

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

雪豹下ではスリープしてくれてたのに、Lion にしたら……

いま使っている外付け HDD はアイオーデータの HDPC-U シリーズから、500GB のを色違いで 1 台ずつ。

I-O DATAUSB 2.0/1.1対応 ポータブルハードディスク「カクうす」オリエントレッド500GBHDPC-U500RI-O DATAUSB 2.0/1.1対応 ポータブルハードディスク「カクうす」オリエントレッド500GBHDPC-U500R
(2010/11/30)
アイ・オー・データ

商品詳細を見る

今現在、iMac の内蔵 HDD を 2 つに分割して Snow LeopardLionicon のデュアルブート環境にしてあるのですが、Mac 本体をスリープさせた時の挙動が起動環境によって違っていることに気づきました。

10.6 環境だと本体のスリープに連動して外付け HDD もスリープしてくれるのですが、10.7 では起動しっ放しでスリープしてくれないんです。

もしかしたら Mac 本体も画面が暗転してるだけでスリープしてないんじゃ……とも思ったり (^_^;A

おまじないのつもりで外付け HDD をアンマウントしてから PRAM クリアをしてみたり、USB ポートを繋ぎ替えてみたりもしましたがいっこうに変化無し。

システム環境設定の省エネルギーを見てみましたが、ざっと見た感じでは 10.6 環境との違いは特に見当たらず……。

USB ポートへの給電方法が変わったという説もあるようですが、さて……どうしたものか……。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。