スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじゃく的Mission_Control

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ほぼドノーマルだけど、少しは Spaces っぽい使い方が出来る例

書かずともたぶんこれまでの独立した "Spaces や Exposé" が OS X Lionicon で "Mission Control" に一元化されたことに困惑している多くのユーザが同じ使い方をしているとは思いますが、一応、備忘録と知らなかった方への例示もかねて記しておきます。

以下、わたしの場合。

Spaces 導入当初から画面右上をホットコーナーに指定していたのでその流れを汲んで OS X Lionicon の Mission Control も右上に設定してあります。

cap_201107261445.jpg
【クリックで拡大】

次、キーボードショートカットも割り当てます。これはデフォルトのまま。

cap_201107261446.jpg
【クリックで拡大】

デフォルトでは Snow Leopard までの Spaces と同様に control と数字キーのコンビネーションで任意のデスクトップを呼び出すことができます。何枚分も (上限はあるかも) 指定できますが、その際は予め Mission Control 上で必要なだけデスクトップを生成しておく必要があります。

あとは Magic Trackpad の設定。わたしの場合は optionキーを押しながらの 3 本スワイプで画面が切り替わるようにしてあります。

まとめると、こういうこと。まとまってないけど(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=_bR5W5UJKt0

Podcast「119Mac」の第 9 回でも取り上げられていましたが、Spaces は格子状に配列できたのでどこにどのアプリを割り当てたのか、番号ではなくイメージで記憶することができました。

対する Mission Control は直線にしか配置されないので位置ではなく番号で覚える必要があるので少々扱い難さがあるのは否めませんが、上記ショートカットやスワイプなどを効率的に使えば Spaces っぽい使い方は出来るようにも思えます。

ただ、どうしても気になるのは上記動画の最後にも書いた通り、数字キーを使うキーコンビネーションでは通常のデスクトップ時と Mission Control 時で割り当てられている番号が「1つずれている」という点。

missioncontro_kbs_mismatch.jpg
【クリックで拡大】

同じ control+ 1 でも呼び出される画面が違う…というのはショートカットを手に覚えさせる上で扱い難いですよね。Mission Control 上では Dashboard を "0 番" にするとかしてもらえると有り難いのですが、アップルさん。

[追記]上図にある Mission Control のキーボードショートカット、デフォルトでは control と数字キーのコンビネーションになっていると思いますが、ことえりで指定変換辞書を利用されている場合はこのショートカットとバッティングします。

cap_201107270000.jpg
【クリックで拡大】

ことえりのショートカットは変更できないと思うので、Mission Control のショートカットを option キーなどとのコンビネーションに変更して下さい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。