スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMac_27インチ(Mid_2010)のメモリをMaxにしちゃった

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Max にする必要性があったわけではないけど衝動には逆らえなかった

OS X Lionicon を飼うにあたりもう少しメモリを積んでおこうかと思っていたところ、4GB モジュールでもかなりのお手頃価格で入手できることを知ってしまったためついつい出来心で満載してしまいました(笑)

iMac (Mid 2010) 用として購入したのは SanMax Technologies の 204 pin DDR3-1333 S.O.DIMM (CL7) の 4GB x 2 枚セットを 2 つ。

IMG_0372.jpg
【クリックで拡大】

JEDEC 規格準拠とあるし、購入したお店 (ark) では 1 ヶ月の交換保証も付いているので Mac 用と銘打たれたものではないけどポチりました。ちなみにチップは iMac に最初から挿さっていたメモリと同じ hynex チップのもの。

ちょっと前だと気絶しそうな金額になる容量ですが、購入時点では 1 箱が 6,280 円。つまり 16GB 分で 12,560 円というお手頃価格。まあ、5 桁万円の代物をお手軽価格というのも些か抵抗がありますが、ン万円もしていたことを思えばお手軽といわざるを得ません。

以下、簡単な換装手順を記録として残しておきます。

(1)下準備

テーブルの上に座布団やタオルなどを敷いて傷つき防止を施したら iMac を押し倒す。27-inch は馬鹿みたいに重たいので気をつけましょう。

(2)底部の蓋を外す

底部中央にプラスネジ 3 本で止められている蓋があります。この中がメモリスロット。

使用されているネジは小さめですが精密ドライバーに入っているプラスドライバーだと小さ過ぎるかもしれません。100 円ショップのもので構わないので精密ドライバーよりは大きめ、普通のドライバよりは小さめくらいのサイズを見つけて用意しておきましょう。

なお、蓋の反りを防ぐためネジは 1 本を適度に緩めたら隣へ、緩めたら隣へと数回に分けて少しずつ緩めることをお薦めします。
[補足]左→右→中→左→右→中...、或は、右→左→中→右→左→中... がベスト

IMG_0375.jpg
ネジは蓋から抜け落ちないようになっているのでネジを無くす心配はまずない
【クリックで拡大】
(3)純正メモリを外す

私の場合は純正の 2GB x 2 を抜いて代わりに 4GB x 4 を挿します。純正を残して RAM を追加装備させるかたは次のステップへジャンプ。

メモリの中央を覆うような感じで黒いプラスティックのベロが 2 枚ありますのでこれを引き出します。

IMG_0381.jpg
チカラは全く要らない、指で引っ張ればぺろんと出てくる
【クリックで拡大】

このベロを手前に引っ張るとメモリが抜けるのですが、これが結構固い(個体差があるかも)。指が滑るなどして上手く引っ張れない場合は固く絞った雑巾など何でも良いので滑り難いものでベロを挟むと引っ張りやすくなる。

(4)メモリの装着

メモリには向きがあるので注意。画面を下にして寝ている状態の iMac ではメモリはこの向き。

IMG_0388.jpg
金色の接点が並んでいるところ、1ヶ所ある切り欠きが右側に来るようにする(4ヶ所とも同じ)
【クリックで拡大】

静電気には十分気をつけつつ、基盤以外の部分には手を触れないように装着。

このメモリ、抜くのもチカラが必要でしたが挿すのも意外と手強いです。女性なんかは爪を傷めるかもしれませんので気をつけて下さい。コツとしては 1 枚ずつ奥まで押し込むこと、かな。4 枚仮置きしてから押し込もうとすると他の板が邪魔で手こずります(経験者談w)

(5)完了

メモリの装着が終わったらベロをもとの通りに戻して裏蓋を閉める。

IMG_0394.jpg
メモリを奥まで差し込んでもカチッとは言わない、ズレが無いか慎重に確認してから蓋をすること
【クリックで拡大】

蓋を閉める際も(2)で書いたように 1 本ずつ数回に分けてネジを締めた方が蓋に反りが出る心配が無い。そこまで慎重にする必要も無いかもしれないけど、丁寧に扱うに越したことはありませんからね。

最後、ネジの閉めすぎには注意。Mac に負荷がかかることはありませんが、無理をするとネジ山を崩す可能性がありますからね。

絶対居ないと思いますが、電動工具は絶対に使わないこと(笑)


あとはシステムプロファイルなどで一応確認したら全行程終了。

OS X Lionicon ではこのように表示される。

cap_201107211608.jpg cap_20110721.jpg
【クリックで拡大】

メモリ 4GB の状態でも割と余裕がある環境だったと思うのですが、16GB になるとちゃんとそれなりに速くなるんですね。想像以上の効果が体感できることにちょっとビックリです♪

これでますますライヨンたんを楽しめそう (^_^)

by チームMAXメモリ・隊長(参考:麗しの青林檎 -Marine & Silk-)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。