スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダルト系アプリをApp_Storeから一掃

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ガイドライン変更?App Storeからムフフ系が一斉に消えた

マイコミジャーナルほか各所より

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/24/008/index.html

何を以てアダルト系とみなすかが難しいでしょうね。

個人的には「アプリ」と「アプリっぽいもの」を明確に線引きするのが第一じゃないかと思います。

例えば写真集ものなんかは「アプリっぽいもの」の最たる例ではないでしょうか。別にiPhone/iPod touch用のWebサイトを作って見せればすむ話であり、金を徴収したいなら会員制にすれば済むはずです。アプリでなければならない必然性が見当たりません。強いて言えばアプリで配布した方が『カネになる』からでしょうか。アプリならワンクリックで手続きが済みますが、入会式だと手続きが煩雑になって客足が遠のきますからね。

これに対して純然たるアプリは別格のもののはず。例えば"wobble"系のアプリケーションなんかは、写真に写っている女性のバストや臀部を揺らすのが目的ではない (はず/笑) です。被写体の服が透けて写る (という演出) アプリだって基本的にはジョークアプリ。これらは使う人の品位が問われるものであって、第三者が品位に欠けるから消せといえるものではありません (もちろん指摘に値するものもあるでしょうけど)。

「どっちにしても好ましくない」と思われる方も当然いらっしゃると思いますが、全てを"不健全"とみなそうとするのはやはり少々横暴です。もちろんAppleにはちゃんとしたガイドラインの再考をお願いしたい所ですが、一定のラインから先は消費者側の立ち場で出来うる対応をするべきじゃないでしょうか。「子どもに観られたらどうすんじゃ、こらー!」ではなく、子どもに観られたら困る様なことはするな、でしょ?

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。