このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

iMac(Mid_2010)の開封ムービー

Core i3 iMacの開封ムービー

AppleInsiderで掲載されたiMac(Mid 2010)の開封フォトレポートは既に各所で掲載されているので、天の邪鬼な私はムービーを張っておきます(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=ENBLDeRc234

特にこれといった特徴はありませんが、強いて言えばKeyboardが梱包されているボックス。動画ではKeyboardの右隣に冊子が収められていますが、Magic Trackpadをオプションで注文した場合はこのスペースにすっぽり収められます。

たぶん昔のAppleだったらMagic Trackpadは別の化粧箱に入れられているか、オプションで選択された場合にのみムービーにあるような化粧箱を使う、という事をやったんじゃないかと思いますが、今はMagic Trackpadを注文しようとしまいと使用する化粧箱は同じということで、こういう細かなところでコスト削減を図っている(或はエコという言い方もするかも)のが判りますね。

スポンサーサイト

Rainbow_AppleなiPad

iPad持ってたら貼りたいな♪

なかなか可愛いと思いませんか?僕は好き\(⌒▽⌒)/

classical_apple_decal.jpg
http://www.etsy.com/ 内より

2.50 USドルだそうです(当たり前ですがiPad本体は含まれません/笑)。お手頃価格ですが日本にも送ってもらえるのでしょうか?

追記:コメントを頂きました。日本にも送ってもらえるそうです。

画像クリックで掲載もとが表示されますが在庫無しの表示になっているかもしれませんので、その時はリンク先のページ右上にある検索欄で「Apple Retro Decal」と検索してみて下さい。多分、新たなページがヒットすると思います。

iPhone 4用のは無いのかな…、MacBook用のはあるんだけど…

Safari_5.0.1

幾つかの脆弱性の修復や不具合の修正と、Safari Extensions関連機能の充実化

7月28日、AppleはSafari 5.0.1をリリースしました。このバージョンではSafari 5.0で指摘されていた脆弱性の修復の他、以下の修正ならびに機能向上が行われています。

このアップデートでの新機能:
Safari 機能拡張

  • 他社のデベロッパが作成した機能で Safari をカスタマイズ
  • 機能拡張は Safari 機能拡張ギャラリーで見つかります。Safari メニューまたは extensions.apple.com からアクセスできます

さらに、このアップデートによって安定性、アクセシビリティ、安全性が以下のように改善されます:

  • アドレスフィールドのトップヒット結果の精度が向上します
  • CSS アニメーションのタイミングの精度が向上します
  • Safari リーダーのキーボードショートカットを使っているときの安定性が向上します
  • MobileMe メールのスクロールの安定性が向上します
  • Safari リーダーで www.rollingstone.com から複数ページの記事を表示するときの問題が解決されます
  • JavaScript 暗号化ライブラリを使用する Google Wave などの Web サイトが、32 ビットシステム上で正しく動作しない問題が解決されます
  • ネットワーク・ホーム・ディレクトリを使った Leopard システム上で Safari を起動できない問題が解決されます
  • YouTube サムネール画像上にマウスを置いたときにサムネールの境界が消える問題が解決されます
  • www.facebook.com や www.crateandbarrel.com などの Flash 10.1 を使用するサイトで、Flash コンテンツがほかのコンテンツに重なって表示される問題が解決されます
  • www.aa.com から搭乗券を正しくプリントできない問題が解決されます
  • DNS プリフェッチ要求が特定のルーターに大きな負荷をかける問題が解決されます
  • VoiceOver が Web ページの要素を正しく識別しない問題が解決されます

このアップデートのセキュリティの改善点について詳しくは、このサイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

この中の"Safari 機能拡張"についてはv5.0の時点で既に実装されていましたが初期状態ではOFF(隠されていた)だったのでご存じない方もいらっしゃったかもしれません。簡単に言えばInternet ExlorerやFirefoxなどに向けたYahoo!ツールバーみたいなものをSafariにも(提供されれば)追加出来るというものですが、実際にはもっと様々な拡張機能が既に各所で配布されています。

同日公開されたSafari Extensions Galleryでは多くの機能拡張が紹介されていますので、色々検索するのが面倒な方はここから色々探してみると良いでしょう。Safari Extensions Galleryはウィンドウ左上の"Safariメニュー(画像)"からも(Macの場合)移動可能です。

safari5_extensions_promo.jpg

ちなみに、Extensionsは突っ込み過ぎない方が良いですよ。闇雲に次々と追加すると稀に機能拡張同士が衝突したり、或はSafariの動作が緩慢になってしまう事もあるようです。色々とたくさん入れて試してみたい時は環境設定から機能拡張の項目を選び、適宜個別にON/OFFを設定すると比較的安定して楽しめると思います。

機能拡張マニアには"Safari Extensions(tumblr.)"もお勧めです。RSS登録しておくと良いでしょう。

新iMac_27インチにSSDを自力増設するのは難しい

iMac 27-inch(Mid 2010)にSSDを増設するなら初めからBTOするのが賢明

OWC Blogより

7月27日にアップデートされたiMacのうち、27-inchモデルではオプションで256GBのSSDが装備出来るようになっています。これを見て、HDDのみを搭載したモデルを購入し、自力で64GBか128GB程度の起動用SSDを増設すれば比較的手頃な価格で爆速iMacが出来るだろうなんて想像していましたが…

imac_mid2010_ssd.jpg

要するに、SSD非搭載の27-inch iMacにはSSDを装着するためのユニット類が存在していないため、自力でカシャコン♪と増設するわけにはいかない…ということのようです。

初期投資を抑えるためにSSDはあとから増設と企てた方もいらっしゃると思いますが(私も妄想しました)、どうやら世の中そんなに甘くはなかったようです(苦笑)

iPhone_3G+iOS_4でのトラブル、Appleが調査に

iPhone 3GにiOS 4を入れるのは『引導を渡すようなもの?』

iPhone 3Gに最新のiOS 4を入れるととても快適に…

…というわけにはいかないようで、一部ではバッテリーの持ちが良くなったという報告を見かけるものの全体的には「しまった…orz」という状況に陥っているユーザの方が多いようです。


http://www.youtube.com/watch?v=Pdk2cJpSXLg

状況としては「非常にもっさり」なiPhone 3Gになってしまったという報告が大勢を占めていますが、中には(個人の性格にもよるでしょうけど)とても使い物にならないというレベルもある模様。確かに、上のムービーのような挙動を毎回体験しなければならないかと思うと『引導を渡された!』と感じてしまいそうです。

この件についてAppleの広報担当者は「調査を行っている」という回答をWSTジャーナル紙のブログ"Digts"で明らかにしているそうで、一部の情報では次のマイナーアップデート(iOS 4.1)である程度の改善が見込まれそうとも言われています。

アップル、iPhone3Gの新OS不具合で調査 @THE WALL STREET JOURNAL 日本版

コンピューター・電子機器大手の米アップルは、2年前に発売された同社製携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」で、基本ソフト(OS)を最新の「iOS4」に更新すると問題が生じるという報告が同社のサポートフォーラムとIT関連のブログに寄せられたことを受けて、調査を行っている。同社の広報担当者がウォール・ストリート・ジャーナル紙のブログ「Digits」で明らかにした。

iPhone 3Gは2年「も」前の機種と言える一方で、「まだ」2年とも言えますし、3GS登場直前に購入した場合など人によってはまだ1年前後しか使っていないという人も居る筈。そのような方々にしてみれば『たった一年で最新環境に見捨てられた…』と感じてしまうでしょうから不快な思いを抱くのも無理は無いでしょう。古い機種が斬り捨てられる運命にあるのは世の常ですが、iPhone 3GでもiOS 4が使えると謳っている以上は(使えない機能の有無とは別に)ある程度の満足が得られるものに仕上げてもらいたいところですね。

ちなみに私は初めから嫌な予感がしていたので(iPhone 4に機種変するつもりもあったし)iOS 3.1.3で止めています。Appsのアップデート管理が面倒くさいですけど(^_^;)

新旧iMacのベンチマーク比較(間に合わせ)

新iMacはメモリテストで高得点を記録

まずは先代iMacの21.5-inchからエントリーモデルのCore 2 Duo 3.06 GHz(MB950LL/A)と、新iMacの21.5-inchのエントリーモデル、Core i3 3.06 GHz(MC508LL/A)の比較。

compare_imacs001.jpg
[クリックで拡大]メモリで好成績

全体の結果比較はこちらから。

次、先代iMacは上記と同じで、比較対象が新iMacの21.5-inch上位モデル、Core i3 3.2 GHz(MC509LL/A)の場合。

compare_imacs002.jpg
[クリックで拡大]メモリの成績は更に凄いことに…

全体の結果比較はこちらから。

メモリの規格がアップグレードされてはいますが、ここまで顕著な違いがでるものなのか…

正直、この結果比較にどれだけの意味があるか分かりません。むしろ信憑性は低いといった方が良いかもしれませんのであまり参考にはならないと思いますが、とりあえず各所から詳細な検証結果が出るまではある程度の目安くらいにはなるんじゃないかと思います。

ちなみに前者の比較では同じCore i3で2つの結果があったのですが、あえて数値が悪い方を比較に使用しました。

[参照]Xbench: Comparison Site

新iMac、仕様比較早見表

とりあえず標準&BTOの構成の違いをすぐ把握出来るように…

急誂えですが、新iMacの標準仕様ならびに主要なオプション設定の比較がし易いように簡単な表にまとめてみました。

 21.5-inch27-inch
MC508J/AMC509J/AMC510J/AMC511J/A
3.06 GHz Core i3
3.2 GHz Core i3
3.6 GHz Core i5+19,530円
Quad-Core 2.8 GHz Core i5
Quad-Core 2.93 GHz Core i7+19,530円
500 GB(7,200rpm) HDD
1 TB(7,200rpm) HDD
2 TB(7,200rpm) HDD+14,595円
256 GB SSD+58,485円
Radeon HD 4670
Radeon HD 5670
Radeon HD 5750+14,595円
RAM (1333 MHz DDR3 SDRAM)4GB(Max 8GB)4GB(Max 16GB)
Mini DisplayPort OUT※1
Ext. Video IN※2

※1:DVI、デュアルリンクDVI、VGAビデオに対応、別売りのアダプタが必要
※2:別売りのケーブルとアダプタが必要

あくまでもオプション選択関連の主立ったものをまとめただけです。更に細かい仕様の差異などは製品ページなどをじっくり観察して下さい。

例えば同じ"Core i3"と表記されていても3.06 GHz仕様の方はTurbo Boostモードを非サポート、同じ"Core i5"と表記されていてもQuad-Coreの2.8 GHz仕様の方はHyper-Threadingをサポートしていません

Cinema_Display_24インチと30インチは終息へ

LED Cinema Display 27-inch登場で既存の24-inchと30-inchは生産終了か

Macworldより

Apple introduces new 27-inch LED Cinema Display @Macworld

At the same time, this marks the end of the road for the 24-inch and 30-inch Apple displays. According to Apple vice president of hardware marketing David Moody, those products will continue to be sold until supplies run out, at which point the new 27-inch display will be Apple's only standalone offering.

どうやらApple LED Cinema Display 24-inchモデルとアンチグレアモニタのApple Cinema HD Display 30-inchモデルは生産を終了し在庫限りでその役目を終えることになるようです。3インチ刻みで3つのモデルを構成するのは無理があると感じていましたが、やはりこういうことになりました。

cinema30.jpg ledcinema24.jpg

個人的には16:10の画面の方がメニューバーの表示などを考えると実用性が高いと思うので16:9というアスペクト比はどちらかというと好みではないのですが、フルHDを視聴する際に上下に黒帯があるのは…という向きにはむしろ歓迎されることなのでしょう。ツルビカ液晶が生き残る、というのもそういう趣向の現れなのかもしれませんね。

が、逆を言うと一気に30,000円も値下げされたLED Cinema Display 24-inchはかなり狙い目な製品であるともいえます。在庫が無くなってしまえば入手困難となりますので、値下げされても少々根は張りますが気になっていた人はなるべく早めに「ぽちっ」ちゃった方が良いかもしれません♪

Magic_Trackpad_and_Multi-Touch_Trackpad_Update_1.0

最近のMac、ならびにWindows環境でMagic Trackpadを使うためのアップデータ

7月28日、Appleは「Magic Trackpad and Multi-Touch Trackpad Update 1.0」をリリースしました。先日発売されたMagic Trackpadを利用するためには本アップデータの適用が必要です。アップデータはMac用、Windows(32bit)用、Windows(64bit)用の3種類が用意されているので、個々の環境に適したアップデートを適用して下さい。

magictrackpad.jpg

また、本アップデータを適用することにより以下のMacBookシリーズでも慣性スクロールならびに3本指ゼスチャの使用が可能となりますのでMagic Trackpadを使用する・しないに関わらず、該当するモデルを使われている方はアップデートされることを推奨します。

  • MacBook (13-inch, Early 2009)
  • MacBook (13-inch, Mid 2009)
  • MacBook (13-inch, Late 2009)
  • MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008)
     
  • MacBook Pro (17-inch, Mid 2010)
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2010)
  • MacBook Pro (17-inch, Mid 2009)
  • MacBook Pro (15-inch, 2.53 GHz, Mid 2009)
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2009)
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
  • MacBook Pro (17-inch, Early 2009)
  • MacBook Pro (17-inch, Late 2008)

なお、以下のモデルにおいては慣性スクロールのみが有効となります(3本指ゼスチャは利用出来ません)。

  • MacBook Air
  • MacBook Air (Mid 2009)
     
  • MacBook Pro (15-inch, Early 2008)
  • MacBook Pro (17-inch, Early 2008)

アップデートはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択する(Mac)か、サポートページ(下記参照)からアップデータをダウンロードして適用してください。アップデート実行後はアクセス権の修復(Mac)を行うことをお勧めします。

Magic Trackpad and Multi-Touch Trackpad Update 1.0(for Mac)
Apple Magic Trackpad Update 1.0 for Windows 32 bit
Apple Magic Trackpad Update 1.0 for Windows 64 bit

Mac_OS_X_10.6.4_Update_iMac(Mid_2010)

昨日発売されたiMac専用のMac OS X 10.6.4 Update(Server版もあり)

snowleopard_pkg_icon.png

7月28日、Appleは「Mac OS X 10.6.4 Update iMac(Mid 2010)」ならびに「Mac OS X Server 10.6.4 Update iMac(Mid 2010)」をリリースしました。このアップデータでは同日に発売されているMagic Trackpadへの対応など以下の3項目の修正が行われます。

  • 互換性およびパフォーマンスに関連するグラフィックスの問題を修正
  • 大容量の SDXC メモリカードとの互換性が向上
  • Magic Trackpad を追加サポート

Server版のアップデート内容はサポートページをご覧下さい

アップデートはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択するか、サポートページ(Client版Server版)からアップデータをダウンロードして適用してください。アップデート実行後はアクセス権の修復を行うことをお勧めします。

このアップデータは2010年7月27日に発売されたiMac専用です。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。