このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

良いお年をお迎え下さいませ

今年も残すところあと5時間弱、来年も皆さんにとって良い年でありますように

fukusuke.jpg
良いお年を
スポンサーサイト

Apple、モバイル関連イベントを1月26日に開催

1月26日、噂の"アレ"がついにベールを脱ぐことになるのか?

MacRumorsによると、FOXNews.comが「1月26日、AppleはSan Franciscoにて"mobility space"にフォーカスしたメディア向けイベントを催す」と伝えているそうです。FOXNews.comによると情報ソースはApple内部の情報筋とのこと。

気になるイベントの内容は知る由もありませんが、大方は例の"アレ"が登場するか紹介されるものと期待しているのは言うまでもないでしょう。この件については上記の記事で
・1,000ドル以下
・10.1-inch multi-touch screen
・"amazing user interface" (素晴らしいユーザインターフェイス)
・ビデオ会議対応
・電子ブック対応
といった情報も添えられています (もちろん真偽のほどは不明) 。これだけでは何とも判断のしようがありませんが、単なる大判iPod touchということではなさそうですね^^;

モバイルにフォーカスしているとなるとiPhone関連でも何かあるかも知れないですね。あるとすれば既に一部でテストが行われていると言う噂のある「iPhone OS 4.0」でしょうか。即日リリースと言うことは無いかもしれませんが、何らかのアナウンスがある可能性は低く無さそうですね。

Twitter始めました

2010年からはtwitterにも手を出してみる、がよく解っていない私である(まる)

せっかくなので(何が?)2010年からはtwitterにも手を出してみることにしました。いかんせん不慣れなものなのでまだ分らないことばかりで先輩諸氏からアドバイスを頂きながら徐々に慣れて行こうと思っています。

とりあえずはフォローして頂きやすいようにページの右上に「Follow Me」バッジを設置しましたのでご利用下さい。

さてご挨拶はこの程度にしておいて、とりあえずこの「Follow Me」バッジをプチカスタマイズ (ハック) したのでご紹介しておきましょう。普通にバッジを設置するとこんな感じの表示になります。

followmebadge_default.png

言われないと気づき難いかもしれませんが、ノペっと張られているだけで味気ない…。これまで使用していたSnap Shotsの代わりに付けたpopIn Rainbowのバッジとも異質に見えて何だか落ち着かない。というわけでCSSをちょいとハック。その結果がこちら。

followmebadge_customized.png

微妙な違いですが、隣のpopIn Rainbowバッジと同じような影を付けました。これで二つのバッジの存在感がほぼ揃い異質な感じは薄れましたね。やり方はとても簡単です。FC2ブログの場合はテンプレートの編集でスタイルシートの欄に以下の記述を任意の場所に追記するだけ。FC2ブログ以外でも同じように下の記述をスタイルシートに書き足して下さい。なお、この変更が反映されるのはSafari、Google ChromeなどのWebKit系ブラウザと、Firefox系のブラウザのみです。OperaやInternet Explorerなどでは反映されません。

div#tfbTab {
	-webkit-box-shadow:0 2px 5px #444;
	-moz-box-shadow:0 2px 5px #444;
}

2~3行目のインデント (字下げ) は見やすくしているだけなので実際は有っても無くても構いません。インデントする場合は全角スペースではなく半角スペースかtabコードを挿入して下さい。

iPhoneでホログラム?

そうか、その手があったのか…と思わずうなるコロンブスの卵的発想

APPLE LINKAGEさんより

iPhoneアプリのデベロッパであるJormyがiPhone 3GS上でホログラムのような映像を実現 (体験) するアプリを申請中であるとMacRumorsが伝えているそうです。

その映像がこちら。

これを実現できるのはジャイロセンサーを備えているiPhone 3GSだけで、同3GやiPod touchでは体験できません。

なるほどねぇ、ジャイロセンサーをこういう風に活用する方法もあるんだねぇ。普通のホログラムと違って自分が動いても映像は変化しないと思いますが、それにしてもよく思いつきますね!

あ、ホログラムと言えば一昨年の夏か秋頃に下の映像が出回って「すげぇ~」とちょっとした盛り上がりを見せましたが、直後にフェイクであることが判明してみんなガッカリしましたね(笑)。

iHologram - iPhone application from David OReilly on Vimeo.

名作「ウォーリーを探せ」がアプリで来たよ!

やりだした止まらない?目の疲れに十分注意しましょう(笑)

whereswally_icon.jpg

人やものが溢れかえっているイラストの中から主人公のウォーリー (紅白のボーダーシャツと帽子、ジーンズに丸眼鏡がトレードマーク) あるいはその他指定されているキャラクターを見つけ出すという至極単純な遊びです。戦場の真ん中を飄々と歩いている姿に思わず笑ってしまったりと、キャラクター探し以外の要素でも楽しめるのが長年親しまれ続けている一つの要因かもしれませんね。

iPod touchユーザの平均年齢からすると知らない人も幾分居るかもしれませんが、iPhoneユーザの主要世代だったら恐らく大半の方は一度くらいハマったんじゃないですか?私もそのクチですが^^;

スクリーンショット(2009-12-29 11.20.03)
[App Store]Where's Wally? The Fantastic Journeyicon

アプリケーションは日本語での解説などに対応してはいませんがプレイするのに支障はないと思います。現在キャンペーン期間中につき40% OFFの350円で販売中iconなのでこの機会にどうぞ^^

見た目以上に奥行きのある四次元なiMac

ちょっとしたトリックアート、とは言い過ぎでしょうか?

iMacが発売されて間もなく、さもiMacが分解されたかのような壁紙が登場してちょっとした話題となりました。

imacwallpaperifixit.jpg
iFixit Blog (27-inch用)

で、こんどはちょっと変わった壁紙をflickrで発見。

4220836818_f7b42e5be9.jpg
影からして本体は薄いはずなのだが画面内を見ると…(from flickr, by John Jeddore)

Dockの左右の辺と3枚ある基盤の左右の辺を延長すると一点透視図法に則り「一点」に集まるようにデザインされているので遠近法が破綻していないところなんか芸の細かいところでしょうか。

[オマケ]くじゃくの急あつらえ

CIMG2905.jpg
透過モニタ…なんちゃって^_^:

Safari_4のスタートムービーって……

全編Flash Movieか何かと思っていたら、実は超軽量データであることにビックリ

Safari 4を初めて起動する時には以下のムービーが流れます。

一見すると動画が再生されているとしか思えませんが、いわゆる動画のフォーマットが使用されているのは途中のサファリアイコンだけ。あとは5枚7枚の画像と「Safari 4へようこそ」のウェルカムメッセージのテキスト (画像ではない) で構成されていますいるそうです。全体では300KBにも満たない超軽量ページですご指摘によるともっとあるそうです (311,032バイトかな。ファイル構成情報では重複があるらしいのでそれを加味すれば504,754バイトのようです、多分これも違うと思うけど^^;) 。

これが出来るのはStyleSheetの新しい標準規格にあたるCSS3に概ね準拠しているWebKitを採用したSafariとGoogle Chromeのみ。FirefoxやOperaも部分的に対応していますが、上記ムービーで使われている指定の全てには対応していません (ちなみに実際の上記ムービーを閲覧できるのはSafariのみ) 。Internet Explorerは…いわずもがなですね。

CSS3でこれだけの事が出来ればで工夫次第で色んなことができそうです。少なくともFlashやJavaScriptを勉強するよりは敷居が低いですから、ちょっと勉強して、あとはアイディアがあれば簡単に上のような演出をすることができるようになるでしょう。

ところで、どこで5枚の画像 (上記ムービーでは4枚) が使われているか判りますか (最後の"Top Sites"表示は除外) 。たった6秒程度ですが、実にAppleらしいこだわりがこの中に納められていますので探してみて下さい。

[お詫び]ソースを眺めないで"構成ファイル一覧"を参照するべきでした。間違いだらけだったなので無視して下さい。

日本のAmazonで最も売れたノート型パソコンは?

日本でも意外と健闘している…と言っても良いかもしれないね

9 to 5 Macによると、Amazon.comで最も売れたノート型パソコンは1位 (ただしデイリーランキング) がMacBook Pro (MB990LL/A) で、2位がMacBook (MC207LL/A) なのだそうだ。

それではAmazon (JP) ではどうなんだろうと、見てみた結果がこちら (12月26日午前0時5分時点) 。

  1. ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド プリンセスピンク EEEPCMK90H-PIN003
  2. ASUS 12.1型ワイドノートPC UL20A Windows7搭載モデル シルバー UL20A-2X044V
  3. acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブルー AS1410-BB22
  4. MSI Wind Cシリーズ 15.6インチワイド液晶 Windows7搭載モデル スリムノートブック CR500 C50T31-WSBS
  5. ASUS EeePC 1005HAシリーズ 10inchワイドTFTカラー液晶 ホワイト EEEPC1005HA-WHI156
  6. acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ホワイト AS1410-WS22
  7. TOSHIBA dynabook UX/23K ネットブックPC windows7搭載 PAUX23KNUBR
  8. ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド マジックブルー EEEPCMK90H-BLU003
  9. 【Amazonオリジナル】 MSI 10インチワイド液晶 Wind Ultra Light U100 Light ホワイト 100U-LA-WH-A
  10. acer Aspire Timeline AS1410 11.6型ノートPC Windows7搭載 250GB ブラック AS1410-KK22
  11. APPLE MacBook 2.26GHz 13.3インチ 250GB MC207J/A

これ以降、16位にMacBook Pro 13-inch 2.26 GHz、17位にMacBook Air 1.86 GHz、19位にMacBook Pro 15-inch 2.8 GHzと続いていました。

しかし、ご覧頂くと分る通りこのランキングにはネットブックが混入しています。Amazon.comではノート型パソコンとネットブックは区別してランキングされていますし、ネットブックとノート型パソコンはその性格や性能ならびに用途から考えても別物と扱われるべきですから、上記ランキングからネットブックに該当する機種 (1位、2位、3位、5位、6位、7位、8位、9位、10位と12位~15位、18位) を除外すると…

  1. MSI Wind Cシリーズ 15.6インチワイド液晶 Windows7搭載モデル スリムノートブック CR500 C50T31-WSBS (4位)
  2. Apple MacBook 2.26GHz 13.3インチ 250GB MC207J/A (11位)
  3. Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A-A (16位)
  4. Apple MacBook Air 1.86GHz 13.3インチ MC233J/A-A (17位)
  5. Apple MacBook Pro 2.8GHz 15.4インチ MB986J/A-A (19位)
  6. Apple MacBook Pro 2.66GHz 15.4インチ MB985J/A-A (26位)
  7. ASUS 14.0型ワイドノートPC UL80AG Windows7搭載モデル シルバー UL80AG-WX010V (30位)

なんだか「嘘だと言ってくれ~」てな感じの、俄には信じられないような結果が浮き上がってきました。いくらAppleファンとはいえ、このランキングは怖い~。

要するにPC勢はその大半がネットブックにシフトしてしまっており通常のノート型の需要が極端に落ちているということなのでしょうけど、しかしそんな中でノート型Macが11位や16位にランキングされているわけですから、ノート型パソコンとしては十分に健闘していると言っても良さそうです。

なお、このランキングはあくまでも『贈られた商品』のものですが『ベストセラー』でも同様の傾向が見て取れますので時間がある方は確認してみて下さい。こちらではMacBookが6位に飛び込んで来ています。

ここに噂のアレが飛び込んで来るのかな…。いや、カテゴリーが違うか^^;

スクリーンショット(2009-12-26 0.02.46)
ベストセラーではMacBookが6位と大健闘、贈ったものでも11位に入る健闘ぶり

[お断り]各ランキングは執筆時点のものです。刻々と変化するのでご確認頂いた時には上記ランキングと異なっている場合があります。

花札が熱い!「こいこい」

花札の定番「こいこい」、Dice PileのEVOLVEから

花札を用いたゲームでは恐らくもっとも簡単で親しみやすいと思われる「こいこい」。手札を組み合わせて役を作って行き、その合計点で対戦相手と勝敗を競うゲームです。現実世界では若干"賭博っ気"のあるゲームですが、iPhone/iPod touchの中では賭博要素は皆無ですのでお子様に遊ばせても安心です (笑)。

IMG_0017.png
なんか銭湯の壁画みたいなタイトル画 (失敬!) / 花札~こいこい編icon[App Store]

ゲームモードは「Koi-Koi」と「Koi-Koi quick mode」の二種類。前者は全12戦の合計点 (対戦相手はCPUのみ) を競い、後者は1~12戦を任意に設定可能になっています。ゲーム中は途中セーブが可能になっているので対戦途中でゲームを終えることも可能 (Auto Saveではない) 。

IMG_0018.png
基本操作は手札のダブルタップ、フリック操作には対応していないみたい

ゲーム内容は善くも悪くも"普通"で時間つぶし用のゲームとしては十分です。ゲームの進行は殆どが英文ですが、役や札の解説(HELP)は日本語でも読めるようになっているので初めての方でも安心して楽しめると思います。

ただいまキャンペーン期間中につき115円で販売されていますが、数日中に230円に戻りますので興味のある方はいまのうちにゲット!

ところでEVOLVEさん、グラフィックデザインもう少し何とかならないでしょうか?色使いが多すぎて少々見づらい…(苦笑) 。

2010年1月26日はAppleのイノベーション元日となる?

1月26日にTablet Mac発表の噂、2010年はAppleにとって大改革の年になるのかも…

海外のMac情報 (噂) 系サイトが昨夜から今朝にかけて、来年1月26日にAppleがスペシャルイベントを催す模様だとこぞって伝えています。

MacRumors|Apple Tablet Announcement as Early as January?
9 to 5 Mac|Tablet event next month, launch in March?
AppleInsider|Apple tablet could have 'imminent' Jan. 2010 debut - report
electronista (MacNN) |Apple to hold tablet event January 26th?
9 to 5Mac|January 26th - Tablet Tuesday?

tablet-mac-not-yours.jpg

Macworldからの撤退で恒例となっていた1月の製品発表の機会がなくなると思われていましたが、その1月にAppleが新たな製品発表の場を設けるとなると、これはもう嫌が応にも期待感が高まりますね。

ところで最近少し気になっているのがAppleの製品発表方法。秘密主義を貫いて、あるとき突然製品をリリースするという基本姿勢は変わらないように見えますが、例えばMac OS X Snow Lepard、あるいはiPhone OS 3.0みたいに事前に存在を知らせる手法がとられ始めています。

この手法はユーザの期待を煽っておく働きが大きいとは思いますが、ある意味においては一般ユーザの屈託の無い要望を吸い上げる機会を暗に設けていると見ることも出来ます。先行アナウンスをしておけば数多のMac系ブログなどで欲しい機能や要らない機能、改善要望などが飛び回りますからね。その中からAppleの目に留まったものを実装するということは不可能ではないはず。

HardwareではSoftwareほど簡単には対応できないとは思いますが、Softwareの出来如何でいくらでもHardwareを活かすことも殺すことも出来ますから、例えばTablet Macが概ね仕上がっているとすればこれを先行アナウンスし、一定期間の間に市場の代表的な声を吸い上げて品質の向上に繋げるということをして来る可能性は無いとは言えません。

その為にはある程度の具体的情報も必要なわけで、そこに見えて来るのが次の噂。要するに、デモンストレーション用のアプリケーション作成を依頼しているのでは…、というもの。

TUAW|Rumor: Apple event in January, possible 10" tablet demoing iPhone apps
9 to 5 Mac|Developers being asked to ready apps for full screen/ 7-inch
electronica (MacNN)|Apple recruiting developers to demo tablet in January?
MacRumors|Apple Asking App Developers to Prepare for Large Screen Demos Next Month?

これが現実となればデベロッパはもちろん我々一般ユーザも色々と妄想しやすくなりますし、何より製品リリースされるその日まで『温度』をキープできますよね。同業他社への挑発期間、という風な見方をするのも面白いでしょう (猶予期間にたぶん何処かが急誂えで類似品の開発を始めるでしょうから…)。他社がヘナチョコなものを作ってくれれば、Appleは労せずして自社製品の株を上げることができるわけですからね。

で、このイベントを含めた今後の流れの想像、というか妄想。こうやってみるとAppleにとって結構重要な一年になりそうな気がしますね。

  • 1月:Tablet Mac (噂) に関するアナウンス、Mac Proに6 Core Xeonを搭載
  • 6月:iPhone OS 4.0リリース、次期iPhoneの発表
  • 8月:次期iPhoneのリリース

あと、恐らくiMacは2010年内に21.5-inchのエントリーモデルを除いた3モデル全てがCore i5に移行するのではないかと思います。また、MacBook ProもCPU移行のプロセスに入ってもおかしく無さそうですし、Mac miniも可能性が無いとは言えません。iPod touchは(恐らく急遽先送りとなってしまった)カメラ付きのモデルが出て来ることになると思います。

逆に、Tablet Macが出てくるとすると現行のMacBookあるいはMacBook Airが整理候補に入るのではないかという不安があります。性能面から見れば相容れない機種だと思いますが製品の性格という面から見るとTablet Macとの明確な違いを訴えるのは少々難しそうな気がします。

以上、後半は殆ど私の勝手な妄想に過ぎませんので話半分ではなく"話 1/100" くらいで受け止めて下さい (苦笑)。ただ、どっちにしても大きな一年になりそうな気はしますよ。Apple-TV (iTunes) 関係も伏兵です。

長文失礼^^;

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。