このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

Magic_Mouseの開封は冷静に、だそうです(更新)

Magic Mouse、焦って開梱すると壊してしまうかもしれないらしいから気を付けて

Apple Discussionsにこんなトピックが立っていました。

マジックマウスの開封には注意が必要です!

本日マジックマウスが届いたのですが、嬉しさのせいかあわててしまい 裏ぶたを曲げてしまいました、、

パッケージの白い台座に裏側からテープで留めているのですが テープの粘着力が大変強く無理に剥がそうとすると マウスの裏ぶたが曲がってしまいます。

(以下略)

先に結論を書きますが、Magic Mouseは以下の手順で解いて下さい。さもないと一度も使わずに裏蓋を破損させてしまう可能性があります。

  1. クリアケースからMagic Mouse台座ごと取り出す
  2. 台座ごとMagic Mouse裏返す
  3. 粘着テープを矢印がプリントされている側から剥がす
  4. Magic Mouseが台座から外れます

このように固定用のテープを剥がすのがポイント。これを怠って(あるいはテープの存在に気づかずに)力任せで台座からMagic Mouseを外そうとするとアルミ製の裏蓋が曲がる、あるいは最悪の場合折れるなどしてしまう可能性があります。

恋いこがれた製品が届いて気持ちが高ぶるところだと思いますが、最後の最後で悲劇が起きないよう慎重に開梱して下さいね。

実物がまだ手元にない人は"世界の中心で i を叫んだけもの"さんのエントリー「Magic Mouse 開封レポ」に載っている5枚目の写真をご覧下さい。どのように固定されているか、どちら側から剥がすのが正解かを見て取れると思います。

09/10/31 追記]開封にコツが要るのは単体で購入したMagic Mouseです。2009年10月発売となったiMacに付属してくるMagic Mouseソフトケースに入っているはずなので、たぶん上記のような事はないと思います (一応確認して下さいね)

スポンサーサイト

iTunes_9.0.2

Apple TV Software 3.0への対応などを施したアップデータ

10月30日、Appleは同日に発表したApple TV Software 3.0への対応ならびにグリッド表示の背景色を選択できるオプションを追加するなどしたマイナーアップデート版のiTunes 9.0.2 (Mac/Win) をリリースしました。リリースノートは以下の通り。

iTunes 9.0.2 では、Apple TV ソフトウェアバージョン 3.0 への対応が追加され、グリッド表示に暗い背景オプションが追加され、アクセシビリティへの対応が向上しています。

iTunes 9 では、さまざまな新機能が追加され、機能が向上しています:

  • ルック・アンド・フィールの向上 新しいカラムブラウザで、アーティスト、アルバム、ムービー、テレビ番組などを簡単にブラウズできるようになりました。
  • iTunes Store デザインが刷新され、向上されたナビゲーションにより、素早く簡単にコンテンツを見られるようになりました。
  • iTunes LP と iTunes Extras 独占インタビュー、ビデオ、写真など、ほかにない iTunes ならではのコンテンツをお楽しみいただけます。 ― iTunes Store でセレクトアルバムやムービーをご購入いただいた場合にご利用いただけます。
  • ホームシェアリング ご自宅にある複数のコンピュータ上にあるご家族の iTunes コレクションを一括管理できます。新しく購入したものを自動転送するように設定したり、転送したいものだけを選択して転送することもできます。
  • Genius Mix ライブラリの中から同じテイストの曲を自動的に選択し、再生します。
  • iPod および iPhone の同期 iTunes 上で直接 iPhone や iPod touch のホーム画面を整理できるようになりました。特定のアーティスト、ジャンル、テレビ番組や Podcast のエピソードを選択できるようになり、さらに自在に同期できるようになりました。
  • iTunes U iTunes ライブラリ内に設けられた専用セクションに項目が整理されるようになりました。
  • iPod nano(第五世代)、iPod classic(Fall 2009)、および iPod touch (Fall 2009)と同期できるようになりました。
  • iTunes 9 では、ほかにも多くの改善点が含まれています:HE-AAC エンコーディングと再生機能、より自在なスマートプレイリストのルール設定、「iTunes Media」フォルダでより簡単なメディアファイルの整理、など。
itunes902_bright.jpg
オプションで[明るい]を選んだ場合の背景色 itunes902_dark.jpg
オプションで[暗い]を選んだ場合の背景色

アップデートはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択 (Mac) するか、Apple Software Updateの実行 (Win) 。もしくはサポートページからアップデータをダウンロードして適用してください。アップデート実行後はアクセス権の修復 (Mac) を行うことをお勧めします。

ことえりの入力モード、こんな切り替え方もあったのか

ことえりの[command]+[space]、雪豹では微妙に改良されていたようです

Mac OS Xに標準で備わっている日本語入力環境「ことえり」で文字入力モードを切り替える場合、日本語JISキーボードを使っている人は恐らく殆どが[space]キー両脇にある[かな][英数]キーを使うでしょう。一方USキーボードでは恐らく昔ながらの[command]+[space]での切り替えを行っていると思います。

ところでこの[command]+[space]ですが、従来は入力モードを順次切り替えるくらいの事しかできませんでした。しかしSnow Leopardでは小さな改良が施されていて、マウスとのコンビネーションが可能になっていたのですね。私はJISキーボードの特殊キー(前述)でしか切り替えていないので気づきませんでしたが、先ほど何気なく懐かしのコマンドをたたいてみたら下のような画面が出てきてちょっと驚きました。

スクリーンショット(2009-10-29 17.20.03)
[command]+[space]で順次切り替えるか、マウスでモードを選択できる

Apple、実店舗スタッフの色分けを廃止?

職務内容で色分けされていたApple Storeスタッフのシャツを廃止し統一色に?

APPLE LINKAGEさんより

ifo Apple Storeによると、Apple Store (直営店) のスタッフが着ているシャツの色を今後は同一色に統一するようだ、とのこと。今まではシャツの色によってスタッフの担当分野が判るようにされていましたが、逆に来店者に混乱を与えることもあったため色分けを廃止する…ということのようです。

ちなみにストアスタッフが着用しているシャツは全部で5色。それぞれの担当分野は以下の様になっています。

applestore_stuffscolor.jpg

上段左から…

  • ストアマネージャーアシスタントストアマネージャーコンシェルジュ
  • ジーニアスクリエイティブ
  • スペシャリストパーソナルショッピングスペシャリスト

続けて下段左から…

  • ビジネスパートナー
  • イベントリースペシャリスト

ここまでスタッフの役目を細分化する必要はないとは思いますが、個人的には最低限、販売担当の『接客担当』とトラブルや専門知識を持ち合わせている『専門担当』くらいは見分けられる様にしておいてほしいです。知識に乏しいスタッフに当たってしまうと結構無駄に時間を費やしてしまうことがあるので…。だったら最初からプロフェッショナルにご指南頂けると全然話が早いんですよねぇ。パーソナルショッピングスペシャリストの方でも懸命に調べながら誠実な対応をしてくれるので好感を持てるんですけど^^;

Bluetooth_Update_1.0_for_Windows

Boot Camp上でのBluetoothデバイスのパフォーマンスを改善するアップデータ

アイコン

10月29日、AppleはBoot Camp上で走らせているWindows XPやWindows VistaにおいてApple Bluetoothデバイス (Magic Mouseなど) のパフォーマンスを改善するアップデータ「Bluetooth Update 1.0 for Windows」をリリースしました。

先頃発売された新しいiMacではBoot CampにてWindows環境を利用しようとした場合にApple Bluetoothデバイスが表示されない場合があるといった不具合が報告されていましたが、本アップデータの適用により解決するようです。

アップデートはサポートページからアップデータをダウンロードして適用してください。

Mac_OS_Xの辞書ってこんなにお利口だったっけ?

Mac OS X標準アプリの「辞書 (和英) 」って単語だけじゃなかったのね?

Mac OS Xには「辞書」という名のアプリケーションが入っていて、これには国語辞典、英和/和英辞典、類語辞典など5つの辞書機能が入っている。便利なのはSafariなどとの連携がとれていることで、例えば英文のWebページ上で単語にマウスポインタを合わせて[command]+[control]+[D]を押すとその単語の意味 (和訳) を表示してくれる。

英文ではなく英単語にしか機能しないのは仕方がないにしても、過去形などの"-ed"、現在進行形の"-ing"、複数形などの"-s"が付いていると翻訳が機能しなかったのであまり実用的ではなかった…(使い方を間違えていたかな?)。

ただこれはMac OS X 10.5 Leopard迄の話で、Mac OS X 10.6 Snow Leopardでは"dictionaries"でも"dictionary"でも単数系と複数形をきちんと区別して意味を表示してくれるようになって実用性は格段に向上した。

しかしもっと進化しているところがあった。それは「look for」とか「according to」のように複数の単語の組み合わせで一つの意味を成すようなものはそれとしてきちんと区別してくれるところ。この場合、前者は「~を見る」ではなく「~を探す」といった意味、後者は「~に一致する」ではなく「~によると」となる。

「辞書」なので全文翻訳までは出来ないが、上記のように機能が補強された(あるいは、ようやくまともな辞書になり)おかげでかなり実用的なレベルに達しているので[command]+[control]+[D]を知らなかった人はこの機会に覚えておくと良いだろう。なおこの機能はSafari以外に一部の社外アプリケーションでもサポートしている。

dictionary01.png
単語の上にカーソルを乗せてコマンドを叩けばこの通り
dictionary02.png
advantageという単語だけを調べたい場合は選択してからコマンド入力

[追伸]私の記憶違いかもしれないので、もしMac OS X 10.5 Leopardでも上記と同じように動作するようでしたらごめんなさい^^;

Wireless_Mouse_Software_Update_1.0

Magic Mouseに機能を追加するアップデータ

スクリーンショット(2009-10-28 13.15.45)

10月28日、AppleはWireless Mouse Software Update 1.0をリリースしました。このアップデータは先日発表されたMagic Mouseにいくつかの機能を追加します。

アップデートは以下のページからアップデータをダウンロードして適用してください。アップデータはMac OS X 10.5 Leopard用とMac OS X 10.6 Snow Leopard用に分かれています。それぞれ10.5.8以上あるいは10.6.1以上の環境が必要です。

アップデート実行後はアクセス権の修復を行うことをお勧めします。

【ダウンロード】
Wireless Mouse Software Update 1.0 for Snow Leopard
Wireless Mouse Software Update 1.0 for Leopard

Firefox_3.5.4

セキュリティ上の問題を修正したFirefox 3.5.4リリース

アイコン

10月28日、Mozilla FoundationはFirefox 3.5.3までに確認できていたセキュリティ上の問題ならびに安定性に関する問題を修正したFirefox 3.5.4をリリースしました (リリースノート) 。

アップデート内容は以下の通りですが、セキュリティ問題の修正が入っているので速やかにアップデートしておくことをお勧めいたします。

  • いくつかのセキュリティ問題の修正
  • いくつかの安定性に関する問題の修正
  • クラッシュレポートの再送信が可能に
  • 「最近の履歴を消去」を行った後、一部のSSLサイトで再読み込みを行わないと画像やスタイルが読み込まれない問題の修正

アップデートはFirefoxの自動アップデート機能からの通知を待つか、ヘルプメニューから「ソフトウェアの更新を確認...」を実行、あるいはFirefoxのサイトから最新版をダウンロードして適用してください。

なおFirefox 3.0.xも同様の問題に対処した3.0.15も同日リリースされています。

MacBook_Proのオプション、最大43200円の値下げ

メモリ増設やCPUアップグレードなど、一部のカスタマイズオプションで値下げ

AppleInsiderMacBook Proのオプションが一部値下げされていると報じられていたのでApple Store Japanでも確認してみました。もしかしたら先の本体値下げと同時に下げられていたのかもしれませんが、確かに値下げが行われていたようです。以下、掲載した金額はオプション選択時に本体価格に上乗せされる金額です。

MacBook Pro 13-inch 2.26 GHz (MB990J/A)
メモリ 4GB10,080 円 (変更なし)
メモリ 8GB110,880 円70,560 円40,320 円
HDD 250GB5,460 円5,040 円420 円
HDD 320GB10,920 円10,080 円840 円
HDD 500GB22,050 円20,160 円1,890 円
SSD 128GB44,100 円40,320 円3,780 円
SSD 256GB93,660 円85,680 円7,980 円
MacBook Pro 13-inch 2.53 GHz (MB991J/A)
メモリ 8GB100,800 円57,600 円43,200 円
HDD 320GB5,460 円5,280 円180 円
HDD 500GB16,590 円15,360 円1,230 円
SSD 128GB38,640 円35,520 円3,120 円
SSD 256GB83,740 円80,880 円2,860 円
MacBook Pro 15-inch 2.53 GHz (MC118J/A)
メモリ、HDD、SSDオプションは価格変更なし
MacBook Pro 15-inch 2.66 GHz (MB985J/A)
メモリ 8GB100,800 円60,480 円40,320 円
HDD 500GB10,920 円10,080 円840 円
HDD 320GB (7,200rpm)5,460 円5,040 円420 円
HDD 500GB (7,200rpm)16,590 円15,120 円1,470 円
SSD 128GB32,970 円30,240 円2,730 円
SSD 256GB82,740 円75,600 円7,140 円
MacBook Pro 15-inch 2.8 GHz (MB986J/A)
メモリ、HDD、SSDオプションは価格変更なし
MacBook Pro 17-inch 2.8 GHz (MC226J/A)
CPU 3.06 GHz Core 2 Duo32,970 円30,240 円2,730 円
メモリ 8GB100,800 円60,480 円40,320 円
HDD 500GB (7,200rpm)5,460 円5,040 円420 円
SSD 128GB22,050 円20,160 円1,890 円
SSD 256GB71,610 円65,520 円6,090 円

また、各モデルにオプション設定されているApple Remoteも先日アップデートを行うと同時に値下げ (2,400円 → 1,980円) しています。なお、HDDとSSDの同時選択は出来ません。

MacBook Proの17-inchモデルは本体価格が既に30,000円値下げ (日本) されているので、メモリ8GBの状態だと旧価格と70,000円も違うことになりますね!

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。