このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

米国一部販売店でiMacとMac_miniが品薄に?

やはりiMacの更新があるのか、そして気になるMac miniについては?

AppleInsiderによると、米国の一部量販店に置いて現行のiMacMac miniが品薄になってきており、小売店側から発注が出来なくなっているとの事。

発注が止められているのは現行のiMacMac miniのローエンドモデル。iMacはこれまでアップデートの噂が幾つか上がって来ているので、もしかしたら本当にアップデートされるのかもしれません。アップデート内容 (噂)は既報の通り、本体に丸みを持たせて薄型化されるといったリデザインの実施、Blu-rayへの対応、Audio周りの強化、基本性能の向上 (Quad Coreモデルの登場?) 、価格の改定などが挙げられています。

iMac

ちょっと興味深いのはMac mini。ローエンドモデルの発注が止められているとのことですが、この事から二つの可能性が考えられます。

  1. ほぼ同じ仕様と言える現行2モデル構成を1モデル構成にスリム化
  2. 現行上位モデルを下位モデルに格下げし、上位モデルを新規に追加
Mac mini

個人的には後者に賭けたい気分です。今のMac miniはMacBookにすら及ばないスペックになっているから。CPUは2.26 GHzにクロックアップ (現行はBTO扱い) 、メモリは初期状態でMaxの4 GB、グラフィックは最低でも9400Mで256 MB…という感じでどうでしょうか。なんかMacBook Pro並の性能のような気もしますけど… (汗) 。価格は現行上位モデルのまま (据え置き) でお願いします。あ、円高だから日本だと少し安くなる…と良いですね (笑) 。

さて、Xデーはいつになるのでしょうか。とりあえず今週の金曜日あたりからドキドキな日々が続きそうな気がします。

スポンサーサイト

Camino_1.6.10

Geckoエンジン搭載のMac専用Mozilla系ブラウザ"Camino"、セキュリティUPD

アイコン

9月30日、The Camino ProjectはCamino 1.6.10をリリースしました。本バージョンは安定性の向上と、前のバージョンまでに見つかっていたセキュリティ上の問題に対処したものです。Caminoユーザはなるべく早いうちにアップデートしておきましょう。

Camino 1.6.10 Release Note@The Camino Project

Camino 1.6.10 contains the following improvements over version 1.6.9:

  • Disabled Java on Mac OS X 10.6 “Snow Leopard” to prevent crashes (users who need Java should see the Known Issues section for solutions).
  • Fixed a possible crash when closing a tab by clicking on its close button.
  • Improved ad-blocking.

アップデートはCaminoの公式サイトから最新版をダウンロードして適用して下さい。英語環境のみで使用する場合はEnglish版を、日本語を服もその他言語で使用する場合はMultilingual版をご利用ください。

iWork_9.0.3

iWrok '09ならびにiWork.com (β) の不具合を修正するアップデータ

9月29日、Appleはオフィス系アプリケーションスイートのiWork '09に含まれているKeynote, Numbers, Pagesにおける互換性の問題などに対処するiWork 9.0.3をリリースしました。詳細は以下の通り。

  • インスタントアルファを適用したイメージのファイルサイズの縮小
  • 一部のムービーを挿入したときのファイルサイズの管理
  • 「Keynote」および「Pages」の「グラフ・データ・エディタ」での日付と継続時間の操作
  • 表カテゴリ使用時の「Numbers」から CSV への書き出し

また、同時にiWork.com (β) のアップデートも行われ、共有ドキュメントのパスワード保護機能の改善と、Webベースインターフェイスにおけるコメント機能関係のアップデートが行われているそうです。

アップデートはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート」を選択するか、下記リンク先からアップデータをダウンロードして適用して下さい。

【ダウンロード】Apple Support -Downloads- |iWork 9.0.3

米空軍のThunderbirdsが千歳に来るぞ!

地元でそうそう観られるものではない、この機会を逃すのはもったいない!

日本でアクロパットチームの展示飛行を観ようとするなら各地の航空自衛隊基地などで開催される航空祭に足を運ぶ事が殆ど。そこで観られるのは航空自衛隊のブルーインパルスによる展示飛行か、米空軍所属の戦闘機によるデモ飛行。どれも素晴らしいものだが、残念ながらエリート集団のBlue Angels (米海軍)Thunderbirds (米空軍) には及ばない。

Thunderbirdslarge.jpg
photo from Flightgrobal/Blog

そんな彼らの演技を日本で、さらにはこの北海道で観られる事などまずあり得ないのだが、何を血迷ったか(笑)来月中旬に千歳基地でThunderbirdsが飛んじゃうもんだから、さあ大変!

千歳基地の航空祭は8月9日に終わってしまっているので今回はThunderbirds貸し切りのイベントだからもう大変!

そんでもって、どういう訳だか平日開催なもんだから会社勤めの航空ファンは錯乱状態(笑)

個人的には緻密で繊細な演技をするBlue Angelsの方が好みですが、本場もんの本物の演技が目の前で繰り広げられるとくれば好みなんてどうでも良い話です♪日本での演技は航空法による制約から本場ほどのド迫力は味わえないと思いますが、それでも圧倒的な機動と耳をつんざく爆音を味わうには十分です。週末に比べると行き難いとは思いますが、時間がとれる方はその迫力を堪能しにお出かけになってみてはいかがでしょう。

会場へは極力公共交通機関を使ってお越し下さい。JR千歳駅から航空自衛隊千歳基地までシャトルバス (片道: 大人200円、子供100円) が運行されます。

新iMac、新MacBook、新Mighty_Mouse、新Apple_Remote

Xデーはいつ?新型iMac登場の噂とともに周辺装置の噂もちらほら

Mac 4 Everは今後数週間以内(早ければ今月中とも)に新しいiMacがリリースされるだろうという情報を紹介しているとのこと (via MacRumors)。

icon-led-macbook.jpg

その内容は…
・若干丸みを持たせたシェイプにリデザインされApple LED Cinema Display様のデザインになる (既出 1, 2)
・Blu-Rayに対応する (既出 1, 2)
・オーディオ周りを強化する (既出 1)
・一部のモデルでIntel Xeonのクアッドコアを採用 (既出 -元記事失念- )
・SDカードスロットの搭載
となっており、その大半はこれまでに何度か出てきた噂が纏まっている感じです。噂としては目新しさが感じられないですね (苦笑)。

今のデザインも嫌いではないのですが友人の話などを聞いているうちに野暮ったく見えるようになって来てしまったので、個人的にはリデザインに一番興味があります。野暮ったさの最大の原因は"伸し餅iMac (iMac G5) "から存在するディスプレイ下部の『アゴ』かな。"大福iMac (iMac Flat Pnal) "や今のApple LED Cinema Displayのようなスッキリ感あふれるデザインを纏ってほしいところ。

MacBookの更新の可能性を伝える情報も有りますが、具体的な話題は殆どない状況です。仮に更新が有るとしたらスペックアップや価格改定が考えられますが、リデザインの可能性はかなり低いと思われます (タブレット型Mac -架空- の登場はまだだと思いますけどね^^;) 。

Apple純正マウスの"Mighty Mouse"がリニューアルされるという噂も出てきました。ただしこちらに関しては既に2007年夏頃から時々話題に上がっているもの (既出 1, 2, 3) で、やはり情報としては目新しさが感じられません。とはいえ、デバイスとしては非常に面白いものなので実際に登場する事を期待したいところ。個人的にはiPhoneiPod touchを代理デバイスとして使えるようAppleにお願いしたいなぁ (App Storeiconにはあるけど)。

Macに付属してくるリモコン装置"Apple Remote"についても更新の噂があります。現行のデザインは当時のiMac G5やMacBookの白い筐体に合わせたものですが、その大半がアルミ筐体を纏っている現Macラインアップにおいては少々浮いたデザインとなっていました。今回の噂は恐らくこの辺りに端を発しているものと思われ、新しいApple Remoteではアルミ筐体を採用してくるだろうとされています。iPod nanoiPod shuffleっぽい装いになるという事でしょうか。カラーバリエーションがあるとは思えませんが、若干忘れられた存在になっているApple Remoteだけにリフレッシュによる再アピールを期待したいところです。

【ネタもと】
TUAW|New iMacs, MacBooks in the fall Apple fashion lineup?
TUAW|New, redesigned iMac models could be coming shortly
Hardmac.com|Additional Hints for a New Macs Soon
Hardmac.com|New iMac Already in Production?
Hardmac.com|Four Cores CPU for the iMac!?
9 to 5 Mac|More iMac and MacBook refresh rumors pop up
MacRumors|Next-Generation iMac With SD Slot, Quad-Core, Possible Xeon? New Mouse and Remote in Pipeline?
MacRumors|MacBook Update to Be Released Alongside New iMacs?
MacRumors|Next-Generation iMacs Already in Production?
World of Apple|Refreshed iMacs on the Horizon
AppleInsider|Apple ready and waiting with redesigned iMac line

特定のアプリのみ任意の言語環境で使用する方法(雪豹)

かなり面倒くさくなってしまったアプリ毎の言語環境設定をお手軽に変更する

9月24日のエントリーで、Snow Leopardではアプリケーション毎の言語設定が見当たらなくなったとお伝えしましたが、この件に関していつもお越し下さっているRyoさんから情報を頂きました。Ryoさん、ありがとうございます!

頂いた情報によると、このテーマは既にApple Discussionsでかわされており、どうやら設定方法が変わったという事のようです。詳しくはDiscussionsをご覧頂くとして、そこに使用言語の切り替えに大変重宝しそうなアプリが載っていたので紹介しておきます。

languageswitcher_screen.jpg

これがそのアプリケーションで、その名もズバリ「Language Swithcher」。Macにインストールされているアプリケーション (PowerPC専用アプリはダメみたい) が一覧表示され、任意のアプリケーションの使用言語を設定出来るというもの。10.5まではアプリの情報ウィンドウで同じ事が出来ましたが、Snow Leopardでは若干面倒なのでこちらの助けを借りた方が遥かに手早く便利です。一時的に任意の言語で起動させる事も出来ますし、常に任意の言語で起動させる事も出来ます。出番は少ないかもしれませんが、Snow Leopardユーザは持っておいて損は無いと思いますよ。

ちなみに私はiTunesの言語環境を日本語から英語に切り替えました。理由はサイドバーなどで英字もヒラギノ角ゴシックで表示されるのが嫌だから。iTunesで使われるフォントはやはり"Lucida Grande"じゃないとね♪英語環境なので当然メニューから何から全て英語になりますが、曲名などの日本語が化けてしまう事は無いので実用上支障を来す事はまずないと思います。

スクリーンショット(2009-09-26 18.36.16)
日本語が有っても問題なし

iTunes_9のストアに使われているフォントが気に入らない

なんか見づらくなったと思ったら、MS P ゴシックが使われているからなのね!

iTunes 9ではStoreのデザインが変わりましたが、何となく「読み難くなった」と感じている方も少なくないと思います。私もその一人でしたが、MacBookの小部屋さんによると原因はStoreの表示フォントに"MS P ゴシック"が使われているから、とのこと。なるほど、確かに言われてみればMac OS Xで標準的に使われているヒラギノ角ゴシックでもLucida Grandeでもありません。

itunesstore_before.jpg
大きい字はまだ良いが、細かい字は潰れて非常に読みづらい

これに対する最も簡単な対処法はフォントブック.appを開いて"MS P ゴシック"を使用停止にすることだそうです。これでiTunes Storeの表示は解決しますが、MS P ゴシックそのものが使えなくなるので不便と言えば不便かもしれません。

そこで参考になったのがd.hetimaさんの9月24日のエントリー。簡単に言うと、iTunes 9上のiTunes StoreはSafari上でWebページを見ているのと同じなので、Safariにオリジナルのスタイルシートを適用する事が出来るのと同じようにiTunesでも同様の事が出来るだろう、というもの。ただし、iTunesにはオリジナルスタイルシートを割り当てる設定は備わっていないのでTerminalを使ってその挙動を仕込むという、プログラマのhetimaさんならではの発想!

以下、手順。

CSSファイルを作る
テキストエディタなどで以下のように記述して保存。

*{
font-family: "Lucida Grande" !important;
}

ファイル名は「itunesstore.css」とでもしておきましょうか。拡張子が".css"になっていればファイル名は任意の半角英数字で構いません。

ファイルをアップロードする
自分で保有しているWeb上のスペースに上記ファイルをアップロードし、その所在 (フルパス -full path-) をメモする。
例)http://www.homepage.com/youraccount/files/itunesstore.css
9/27 追記: TBして下さったs_naganoさんのエントリーによると、Webではなくローカル上 (つまり手元のMacの中にCSSを置く) でも大丈夫との事。ローカルファイルのフルパスが分かる人はわざわざWebに置く必要はなさそうです。

Terminalで仕込む
ユーティリティフォルダ内のターミナル (Terminal) を起動して以下の記述を入力します。大文字小文字、スペースなど一つも間違わずに入力します。

defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey -bool true

ここまで書いたら、まず[return]キーをポチっと。

次に以下のように入力しますが、所定の場所に先のフルパスを忘れずに記述しておきます。

defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKey "フルパス"

例えばこんな感じ(例なのでそのまま使わないように)。

defaults write com.apple.iTunes WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKey "http://www.homepage.com/youraccount/files/itunesstore.css"

入力したら[return]キーをポチっとして作業終了。

ちなみにターミナルを使って書き換えているのはユーザフォルダのライブラリ/Preferencesに入っている「com.apple.iTunes.plist」なので、心配な方は事前にこのファイルを複製してバックアップしておくと良いでしょう。

で、実行した結果がこちら。

itunesstore_after.jpg
英字はLucida Grandeに。私はさらに日本語フォントの指定も追加した。

説明を書くと長くなってしまいますがやっていることは太字で記した「3工程」だけです。とはいえ、CSSの知識やOSの不具合に対する初歩的な対処法に自信が無い方は手を出さない方が無難かもしれません。実行する際は"Own Lisk"でお願いいたします。

来月中にも新iMacが登場か

噂再燃!やっぱり新型iMacの登場は間近に迫っているのかも…

アップル、Blu-ray内蔵の「iMac」新モデルを発表か--米報道@CNET Japan

AppleInsiderの新たな報道によると、Appleは年内に「iMac」の新モデルを発売する用意を整えている可能性があるという。

Appleの計画に「よく通じた情報筋」からの話を引用しつつ、AppleInsiderは、新しいiMacが9月に入って完成し、この2週間で量産体制に入ったことを報じている。

9月16日のエントリーで新しいiMacが数週間以内に登場するかもしれないという噂を紹介しましたが、今回新たに同じような情報が出てきているようです。

具体的な情報(噂)はあまり多くはありませんが、更新を行うのであればCPUやHDDのスペックアップがあるのはほぼ間違いないとして、これ以外にBlu-ray対応 (モデル限定か?) とか本体のリデザイン、本体価格の値下げといった情報があるようです。

本体価格の値下げについてはあまり過度な期待は出来ないと思いますが、先頃更新されたiPod classicのように為替レートの見直しのおかげで日本では値下げになる、という可能性は否定出来ませんのでこちらに期待してみるのも面白いかもしれません。

【ネタもと】
AppleInsider|Apple ready and waiting with redesigned iMac line
9 to 5 Mac|AppleInsider backs up Wedge Partners: sees new iMacs within a month
MacRumors|Next-Generation iMacs Already in Production?

あれ?アプリケーション毎の言語設定は?

Snow Leopardではアプリ毎に言語を変える事が出来なくなったのかな?

例えばOSもSafariもMail.appも全て日本語モードで動作させているがiTunesだけは英語モードで起動させたいような場合、iTunes.appの情報ウィンドウ (command + i ) を呼び出して"言語"の項目で「日本語」のチェックを外すだけでOKでした (OSの言語設定で英語が二番目に設定されている場合)。普通は滅多に使わない設定ですが、例えばiTunesのジャンル書き換え問題の時のようにこの言語の設定を暫定的な対処法に使う事がありました。

10288906.png

ところがいま何気なくSnow Leopard上で同じ事をしてみたら情報ウィンドウにあったはずの"言語"の項目が見当たりません…。

snowleopard_imformation_nolang.jpg
[クリックで拡大]

…ということはSnow Leopardではアプリ毎に任意の言語環境でのアプリ起動は出来なくなったという事?Snow Leopardからアプリケーションのパッケージの仕様などが変更された事(下記参照)によるのでしょうか。決定的に困る事は無いと思うけど、微妙に不便な気も…。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/09/24/macosx_snowleopard/001.html

MacBookの小部屋さんが紹介していたiTunes 9のフォントの件を色々確かめてみようと思った矢先の発見でした^^;。どこかに設定が移動したのかな…。システム環境設定の"言語とテキスト"の項目には見当たらなかったけど…。

Photoshop_Elements_8_for_Mac、10月末リリース

待望の新バージョン!Mac用のPhotoshop Elements、7を飛ばして「8」登場

手軽にデジカメ写真の補正や修正などが行えるAdobe社のエントリー向けレタッチツール「Adobe Photoshop Elements」のメジャーアップデート版が10月23日に発売となるそうです (via MacNN) 。

Windows用のPhotoshop Elementsはバージョン7が最新であるのに対してMac用は一つ前のバージョン6で止まっており機能面を始めとしてあらゆる点でWindows版に遅れを取っていましたが、次期メジャーアップデート版となるバージョン8はMac/Win同時リリースとなり、与えられている機能も同じものとなるようです。

Adobe Photoshop Elements 8 for Macは製品版が14,490円 (税込み)、アップグレード版が10,290円 (税込み) となっておりWindows版と同じ価格となっています (ハイブリッドではありません) 。アップグレード版は従来からのユーザ以外にもiPhotoユーザも対象となっているので恐らくほとんどのMacユーザはアップグレード版を利用出来ると思います。

本バージョンからはIntel Mac専用となりパフォーマンスの大幅な向上も見られると思いますのでiPhotoのレタッチ機能では物足りないと感じられている方や、Photoshopのような機能が欲しいけどそこまで予算が割けないという方にはとても向いている製品だと思います。


オンラインのAdobe Storeでは10月22日まで予約キャンペーンを実施中

【重要】必要システム条件

  • インテル®マルチコアプロセッサー
  • Mac OS X v10.4.11~10.5.8、またはMac OS X v10.6日本語版
  • 512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
  • 64MB以上のVRAM
  • 2GB以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)
  • 16-bit以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(96dpiまたはそれ以下)
  • 1,024x768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7日本語版
  • オンラインユーザーガイドの使用、Camera Rawプラグインアップデートなどのインターネットベースのサービスを利用するために、インターネット接続

日本語版へのアップグレード対象製品:Photoshop® Album®, Adobe Photoshop Elements, Photoshop LE, Adobe® PhotoDeluxe®, Photoshop™シリーズ, CorelDraw®/Painter™, Microsoft Digital Image Products, Paintgraphic®, PhotoImpact®, ACDSee™, 蔵衛門シリーズ, デジカメde!!シリーズ, デジカメの達人, iPhoto, その他デジタル画像編集ソフト

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。