このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

MacBook_Airの掌握に成功

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

ハッキングコンテストでMacBook Airが2分で陥落

CanSecWestセキュリティカンファレンスで開催されたPwn to Ownコンテスト。これは用意されたマシンをいかにして陥落させるかを競うコンテスト。

大会初日ルールは[OSのみを攻撃対象]。さらに、攻撃者は一方的な手段を使うことしか許されておらず、この厳しい条件下でテストマシンを攻略するものは現れなかった。

大会二日目は[OSにプリインストールされているクライアント寄りのソフトウェアも攻撃対象]という条件に緩められる。恐らく、Mac OS XならApple純正のQuickTimeSafari、MSならWindows MediaInternet Explorerなどを介した攻撃も許すということだろう。さらにもう一つ、攻撃者は操作者に対して何らかの指示を与えることも許されたため、攻撃者は悪意のあるプログラムを仕込んだサイトに誘導するなどの手段を講じることが出来るようになり、この条件において、MacBook Airがスタート2分後に陥落した。

大会三日目は[OSにプリインストールされている標準的なソフトウェアも攻撃対象]とさらに条件が緩和された。この条件下で3チームがAdobe Flashの未公開の脆弱性を利用してWindows Vista Ultimateを掌握した。

この三日を耐え抜いたのはUbuntu(ウブントゥ)搭載機ただひとつだったようだ。

ちなみにMacBook Airが陥落したと書かれているが、これはたまたまMacBook Airを使ったということであって、MacBook Airに固有の脆弱性があった訳ではない

とはいえ、セキュリティに関してあまりに無頓着でいればそれがMacだろうとWindowsだろうと、簡単に餌食となる可能性が十分にあることだけは肝に銘じておくことが重要だ。

なお、このコンテストの大会規則には『優勝チームのメンバーは彼らが用いたテクニックに関する機密保持契約(NDA)に即座に署名する』ように規定されており、発見された手段(脆弱性)は開発ベンダー(AppleやMicrosoftなど)にのみ開示される。

【続報】「PWN to OWN」コンテストでMacBook Airに30秒で侵入成功@CNET Japan

【関連】Linuxはハッキングに強い?@日々是電脳空間さん

スポンサーサイト

MacBook_AirのCM音楽が気になるね

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

MacBook AirのCMで使われている音楽は誰の?

MacBook AirのCMによりその薄さやデザインに多くの注目が寄せられているが、それと同じくらいに注目を浴びているのがこのCMで使われている音楽

少ない音で奏でる印象的なバッキングに、清々しくも軽快な歌声が聞こえてくると頭の中にはMacBook Air…。MacBook Air本体がもつイメージに見事融和しているこのBGMはいったい誰のものなのか。…と調べてみたら「ヤエル・ナイム(Yael Naim)」というイスラエル系フランス人のミュージシャンであることが判明。

製品作りもAppleマジックだが、曲を選ぶセンスもAppleマジック。商品が持っているイメージと、楽曲が醸し出すイメージを上手に結びつけるセンスの良さが光っている。タイアップしている曲から即商品をイメージできるCMって意外と少ないと思う(日産ノートのCMのようにキャラクターで強く印象に残る商品は結構あるけどね)。

ちなみにCMで使われている曲の名前は「New Soul」だそうだ。4月8日にラフォーレミュージアム原宿で初来日公演(全席自由:6,000円)をするそうだ。圏内の方は足を運んでみると良いかもしれない。

3G対応iPhoneは出てくる?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

3G対応iPhoneの登場に期待が寄せられる

3G iPhone…、いつかは出ると思いますが、さてそれがいつになるのやら。3G iPhoneが出れば日本でもいよいよiPhoneが利用できるようになる…かもしれないだけに期待が募ります。

さて、この件に関して今のところ大きな話は出て来ていないのですが、次のiPhoneには有機ELを搭載してくるのではないかという憶測が出ており、だとしたら現行の2.5Gよりも電力を食う3Gのロス分を有機EL採用によって相殺できる可能性が出て来て…、とiPhone 3G化に勝手な現実味を帯びさせることが出来ます(笑)

また、一部では3G iPhoneを既に1000万台発注しているんじゃないかという話も出始めているようで、もしこれが本当であるとするなら6月のWWDCで次期iPhoneに関するサプライズが用意される可能性が出てきますね。

そうなると問題はキャリアだな…。SoftBankが濃厚という説もあるけど、DoCoMoもApple側に(仕様や契約面で)歩み寄るという話もちらほら。

偽セキュリティソフトに注意

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Mac OS Xを標的とした偽セキュリティソフト

この冬に初めて確認されたMac OS Xを標的とした偽セキュリティソフトの第2弾が発見された模様。

noimages.jpg

この手の偽セキュリティソフトのほぼ全てが今まではWindowsにターゲットを絞って来ていたが、Macユーザが徐々に増えて来ていることに連動して、このようなものも今後増えてくることが予想される。

noimages.jpg

無料といったうたい文句や、セキュリティ上の警告的メッセージが表示されるとついつい信じてしまいがちだが、基本的にこのような手段は全て偽物と疑ってかかるようにしよう。

ブラウザ上で警告めいたものを表示するものの中には「セキュリティソフトをインストールしてあげるよ」的なメッセージとともに[OK]以外のボタンがないダイアログが表示されることがある。つまり断れない。こういう時は有無もいわさずブラウザを強制終了させてしまおう。Mac OS Xの場合は[command]+[option]+[esc]でアプリケーションの強制終了画面を呼び出せる。

Firefox_2.0.0.13

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Firefoxの最新版、2.0.0.13がリリースされました

主にセキュリティに関わる内容の修正が施されていますので、Firefoxを使っている方は早々にアップデートしておきましょう。

Firefox 2

Safari_for_Windowsは総じて高評価

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

新機能やセキュリティ面で高い評価を得たSafari

Macin' Blogさんのエントリーによると、Windows版のSafariが新機能、互換性、速度・メモリテスト、セキュリティの各要素においてPC Magazine4つ星の評価を与えたとのこと。

表示の美しさやページ内検索をした時の視認性の高さなど、Safariに盛り込まれている機能の高さ、CookieやCacheの扱いに関してのセキュリティ性の高さ、他に比べてメモリの使用量が比較的低いところや、表示速度の圧倒的速さが評価されたようです。

互換性という点については、Webブラウザが標準で備えている互換性を評価するAcid3(アシッド)によって採点され、これによるとSafari for Windowsは75点という高得点をマークしたとのこと(100点満点)。

ちなみにMac OS X対応の各ブラウザをテストしてみた結果は以下の通り。

  • Safari 3.1:75点
  • Firefox 2.0.0.12:52点
  • Camino 1.5.5:52点
  • Opera 9.26:46点
  • Netscape 9.0.0.6:52点
  • Real Player 10.1.0:75点(え?!)

参考までにWindows版の各ブラウザの評価を教えて頂けませんか?

やり方は至って簡単で、Acid3のページに行き、右側白いエリアの下の方にある「Important Note」のすぐ上、『Take the Acid3 test.』のリンクをクリックするだけです。コメントにブラウザ名とそのバージョン、点数を書いて頂けると助かります。

Windows版Safariの押し売り?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Apple提供の自動アップデートに異議あり

Windowsに入れてあるAppleのiTunesをアップデートしようとすると、その画面には同社のWEBブラウザである「Safari 3.1」も表示されるそうだ。

この表示はSafariが既にインストールされている・いないに関わらず表示されることがまず疑問視されている。もう一つ、アップデートの選択権がユーザに与えられていないことも疑問視されており、つまり、iTunesのアップデートをするには否応無しにSafariもインストールするしかない([Install 2 items]というボタンのみ)らしいのだ。

いくらApple好きな私でも、この手法には少々疑問を感じる。

やるんだったら告知にとどめるべき。どうしてもインストールさせたいのであれば、せめてインストールの是非はユーザが選択できるような仕組みをもうけるべき。反感を買うような手段をとらなくても、良いものとして認められれば勝手に利用者は増えていく。製品に自信があるならAppleらしく堂々と構えてユーザが選んでくれるのを待っていれば良い。姑息な手段を使うのはどこぞの巨大企業だけで十分。

Win版iTunesアップデートにSafari,MozillaのCEOがAppleを批判

Safari_3.1で日本語入力トラブル

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

特定の入力フォームで日本語入力できない

何かの弾みで日本語の入力環境が半角英数字以外に切り替わらないという症状が見られるようだが、どういう条件の下に必ず発生するのかはいまのところ不明。

是について根本的な解決方法はいまの所ないようだが暫定的な対処方法はいくつかあるようなので、一通りまとめられているMacin' Blogさんの記事を参考にされると良い。

問題が解消するまではいささか不便だが、症状放置で苦労するよりはずっと楽だと思う。

iMacのアップデート間近?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

iMacアップデートの憶測再燃

ちょうど二週間ほど前にiMacとMac miniのアップデートが近いかもしれないというエントリーを作成しました。が、それ以降はぱったりとそれらしき噂が途絶えていたのですが、ここに来てまた興味をあおるような情報が出てきました。

AppleInsiderによると、複数の国でiMacの在庫一掃セールを思わせるようなキャンペーンが展開されているようで、Microsoft Office Student and Home Editionを無料バンドルしている所もあれば、iMac自体を値引き販売している所もあるとか。

もしこれが本当だとしたら来週の火曜日頃が怪しいのだが、Appleのこれまでのパターンから考えるとこの時期のアップデートは非常に中途半端…。新製品の投入は"概ね四半期ごと"という傾向が見られるので、MacBookファミリーが2月26日にアップデートしていることから考えると次のタイミングは5月以降。また、MacworldやWWDCなどのイベント開催前後1ヶ月というのもイエローゾーンなので、今年6月に開催されるWWDCを軸に見ても5月中旬あたりからがイエローゾーンになる。

さて、どう判断しますか?

iMac在庫一掃中?@日々是電脳空間さん

いよいよiMacのアップデートが近いかも?@Macin' Blogさん

iアプリ版_Google_マップ

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

FOMA用Googleマップがバージョンアップ

これまでもiアプリ版Google マップは提供されていたが、今回のバージョンップからGPS情報を取得してGoogleマップ上に現在位置を表示できるようになった。お店などの情報を検索した場合は現在地周辺の情報を優先的に表示するように作られているとのこと。

早速iアプリ版のGoogleマップダウンロードして使ってみたところ特に何の設定もせずにGoogleマップ画面が起動し、画面中央に青色の輝点が表示されている。これが現在位置で、周辺には薄い水色の円が描かれているのだが、どうやらこれは[誤差]の範囲を示しているようで、円が大きければ大きいほど「ここら辺」というアバウトな状態を示しているよう。GPS対応端末であれば輝点は移動に追随する。

アプリはFOMA 903i以降の機種の他にWIndowsモバイルにも対応。非公式ではあるがFOMA 703i以降の一部でも動作するらしい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。