このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

Safari_3.0のちょっとしたTIPS

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

TIPSといっても一つだけ(汗)

Safariを介してBlogで使用する画像などをアップロードしたい場合、通常は【ファイルを選択】ボタンをクリックすると開くファイル選択ウィンドウ上で使用するファイルを指定しますが、Safari 3.0では右の画像のように【ファイルを選択】のボタン上にファイルをドロップするだけでも指定できるようになっています。ファイル選択ウィンドウ経由で指定するよりもずっと楽ですね♪

Safari 2.xでも出来たっけ?(^^;

スポンサーサイト

Mac_OS_X_LeopardでFront_Rowのバグ

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Front Rowを起動させた数秒後にディスプレイのみがスリープ状態に入るという現象があります(すべての環境で見られるわけではないようです)。これはシステム環境設定の「省エネルギー」の項目で、ディスプレイのスリープを"しない"に設定してある場合に限って起きるようなので、同現象に見舞われている方は以下の画像のようにディスプレイのスリープ設定を「しない以外」にして下さい。

それにしても、スリープするように設定すればスリープしなくなるって(笑)

MacBookでハードドライブ問題

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

「MacBook」でハードドライブ問題--アップルは調査中
Appleは、一部の「MacBook」で発生したデータ損失の原因が、Seagate製ハードドライブの不具合にあったかを調査している。データ復旧を専門とする英国企業Retrodataは2007年に入って、MacBookで使用される一部の2.5インチSeagate製ドライブに製造上の不具合があると報告していた。

情報によれば、一部のMacBookでHDDデータの読み書きに関する不具合が報告されており、この件についてSeagate製のHDDを搭載した機種に限ってみられる現象である可能性があるとのこと。

HDD自体の欠陥である可能性があるので該当する機種をお使いの方は万が一に備えてバックアップしておくことを強く推奨します(該当する機種かどうかの判別は上記リンク先を参照して下さい)。

隠し(?)KBショートカット・その2[Leopard]

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

【Spaces】
1. この状態で[C]を押すと全ウィンドウがエリア1(左上)に集結
2. [shift]を押しながらウィンドウをドラッグすると、
 そのアプリで使用しているウィンドウが一斉に移動

【Quick Look】
1. PDFでは[command]を押しながら[+][ー][=]で拡大縮小
2. JPGなどでは[option]+クリックするたびに拡大、
 [shift]+[option]+クリックするたびに縮小
 (拡大時は画像のドラッグが可能、原寸以下への縮小は不可)

Macはウイルスに強い?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Mac OS X v10.5 Leopardが発売されて、いよいよ本格的にMacintoshでWindowsが使えるようになった。お陰でAppleのデザインに惹かれながらもWindowsを使うしかなかった人、普段はMacだけど仕事上Windowsが必要だった人など、この機能(Boot Camp)の恩恵に授かっている人は結構いるよう。

また、Boot Campだと必要に応じてMac OS XかWindowsのどちらか一方を起動させて使うため同時に両方の環境を使うことは出来ないが、Parallels Desktop 3.0 For Macのような仮想化アプリケーションも導入すれば、Mac OS X上でWindowsを動かすという芸当も出来るので、Mac <---> Win間でファイルの受け渡しをシームレスに行うことができるようになる。

さて、Macといえば「ウイルスに強い」などと言われていてAppleのCMでもそれらしきことを言っているが、ここで言われているMacとは"Mac OS"のことであって、Mac本体のことではないというのはご存知だっただろうか。意外と「Mac(本体)にWindowsを入れればウイルスに強くなる」と誤解している人も少なくないようなのだが、これは大きな間違い。

Mac本体であろうと無かろうと、Windowsを稼働する以上はノートン先生やウィルスバスターのようなセキュリティソフトを導入する必要があり、先のParallelsのような仮想化アプリケーション上でWindowsを使用する場合でも同じである。このことを勘違いしたままでいると、自分が痛い目に遭うどころか被害を拡散させる手助けをもしてしまうことになるので、もし誤解されている方がいらっしゃったらこの機会に正しておこう。

ちなみに感染しても被害を受けるのは今のところWindows領域のみで、Mac OS側が汚染されることは無い。

追記:Mac OSがVirusに強いかどうか、という本質的な議論はまたの機会に(^^;

Firefox_3_Beta_1

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

「Firefox 3 Beta 1」が公開、新レンダリングエンジンを搭載
Mozillaは19日、次期バージョンのWebブラウザ「Firefox 3」のベータ版(Beta 1)を公開した。Firefox 3 Beta 1はWindows、Mac OS X、Linuxに対応し、日本語版を含む各言語版がダウンロード可能となっている。ただし、ベータ版は開発者向けのリリースと位置付けられているため、一般ユーザーの利用については推奨されていない。

次期メジャーアップデート版となるFirefox 3の「Beta 1」が公開されました。Mozillaからダウンロードできますが、β版の意味が分からない人インストールしないで下さい

個人的に気に入っている点はWindowsやMac OS X、Linuxといった各OSのデザイン(外観)に最適化が図られているところ。OSに不似合いな外観は無意識のうちに使いにくさとして感じられる部分があるので、実用面では地味な改良だけど意味は大きい。

セキュリティ面ではファビコンをクリックすることで表示されるサイト情報が得られるというのが嬉しい改良のひとつとして挙げられるのと、基本仕様面ではレンダリングエンジンが新しくなったことによってページ描画性能の更なる向上が期待できる。

なおFirefox3の主な内容は上記引用元を参照していただくか、Mozilla USで公開されているリリースノートをお読み下さい。

改良されていたMac_OS_X_Leopard標準の圧縮解凍ツール

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Mac OS Xにはこれまでzipファイルを扱うためのツールとして「BOMArchiveHelper」が標準でインストールされていました。使い勝手は悪くなかったのですが、オリジナルファイルの扱いをどうするか設定することができなかったので、解凍の際にオリジナルが残ってしまうのが私には使いにくかった…。

Leopardからはこれが「アーカイブユーティリティ」となり、ある程度の設定も出来るように改良されていました。アーカイブユーティリティは下記ディレクトリに収められていますので、直接起動させると環境設定を呼び出すことができます。

Macintosh HD/システム/ライブラリ/CoreServices/アーカイブユーティリティ

iTunesのジャンル名が日本語(カタカナ)になる

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

iTunes 7.5(Mac)でジャンル名が日本語に変わってしまう

11月6日にiTunes 7.5がリリースされましたが、ちょっと困った不具合というかバグというか仕様変更があるので、そのお知らせと対処法を載せておきます。

【現象】:ジャンル名が日本語(カタカナ)に変換されてしまう
iTunes 7.5 + QuickTime 7.3にアップデートする以前に読み込んだ曲のジャンル表示で、例えば<Rock>のように英語で書かれていたものが、再生または情報画面の表示によって勝手にに<ロック>のよう日本語(カタカナ)に置き換えられてしまう。
【弊害】
例えば「ジャンルが<Rock>」という条件でスマートプレイリストを作成してあった場合、<ロック>に書き換えられた時点で検索対象から外されてしまう。これによりリストに掲載されなくなってしまうため『曲のファイル自体が消えた』という錯覚に陥る人もいる。
【暫定的な対処方法
iTunesが起動していない状態で以下の手順を実行(恒久的な対処法は後述)。
  1. "iTunes"のアプリ本体をクリックで選択して[command]+[i
  2. 情報ウィンドウが開くので、"言語環境"の項目を開く(三角マークをクリック)
  3. "日本語"をクリックしてチェックを外す

一番手間がかからなくて簡単な方法ですが、この設定をするとiTunesは英語モードで起動するようになるため、メニューや設定項目全てが英語になります。必要があれば同様の手順で日本語をONにして起動するか、それが面倒であれば次の恒久的対処法を試された方が結果的には楽かもしれません。

【恒久的な対処方法
こちらについては新たに作成した2007年11月8日のエントリーをお読み下さい。

Mac_OS_Xの隠し(?)キーボードショートカット

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Leopard用のものを中心に、知っておくと便利なキーボードショートカットや隠し(隠れ?)コマンドなどを集めてみました。
(Leopard専用のものもあります)

【Finder】"アップルメニュー"で[option]を押すと
  確認ウィンドウを出さずに再起動、システム終了、ログアウトできる
【Finder】"アップルメニュー"で[option]を押すと
  「このMacについて」が「システムプロファイラ」に変わる
【Finder】"アップルメニュー"で[shift]を押すと
  「強制終了...」が「(前面アプリの)強制終了...」に変わる
【Finder】"ファイルメニュー"で[option]を押すと
  「クイックルック」が「スライドショー」に変わる
【Finder】ファイルを[control]+クリック(右クリック)後に[option]を押すと
  「クイックルック」が「スライドショー」に変わる
【Finder】ファイルを選択して[space]でクイックルック
【Finder】クイックルック上で[command]+[]で拡大
  [command]+[]で縮小
  [command]+[]で等倍表示
  (いずれもPDFのみ)
【Dock】[shift]と[control]を押していると
  Dockの拡大表示機能が設定とは逆の動きをする

ほかにもあるので探してみて下さい。

続きを読む

Apple、極薄ノートMac発売か?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

・LEDバックライト式13インチモニタ
・光学ドライブ廃止
・HDDドライブ廃止 > フラッシュメモリ採用

このようなMacBook(Pro)が2008年1月に開かれるMacworld Expoで発表される?

Ultra-portable Apple notebook to splash down at Macworld Expo
Exclusive -- Unlike last year, the annual Macworld Expo and Conference that rolls around in January will actually serve as a launch pad for some new Macs, including a chic and ultra-compact notebook design long under development by Apple Inc.

毎年恒例の噂話だけど、今年はいつもよりも幾分現実味が有るように感じる。

そう感じさせるのが、いきなりノンスピンドルにしてしまうというAppleならやりかねない大胆な戦略。思い起こせばiPodも似たような経過を踏んで来て今の地位を築いたんだよねぇ。

フラッシュメモリは以前に比べると価格も熟れて来た感じがあるし、USBフラッシュメモリの大容量化も進んでいるのでリムーバブルメディアとしての光学ドライブの必然性も以前よりは薄れているから廃止するという選択肢はアリだと思う。ソフトウェアのインストールなどは自宅などで外付けドライブを使えば済むし。

これまで光学ドライブを搭載していないノートPCを引き合いに出して、ノートMacは重いとか厚いとか酷評されて来たけど、この噂がもし現実のものとなるんだったらそれらのノートPCと同じ土俵で勝負してもらえるかもしれませんね。あとは価格次第ってところかな…。

< Sorry, no image >

ちなみにiPod touchで採用されたマルチタッチディスクプレイを搭載したMac。これもまだまだ噂上の製品でしか有りませんが、それでも実現するにはまだ幾つかの壁が残っているという話しです。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。