このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

Mac_OS_X_Leopard雑記(Time_Machine編)

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

本日のお題はTime Machine。

要するにバックアップソフト。

Time Machineは単純に複製を残して行く方式のバックアップとは少し異なり、ファイルの保存や変更などの履歴を管理してくれるので普通のバックアップ方式に比べるとファイルの検索性と復元率がとても高い。

Time Machineは単体のアプリケーションというよりも、システム全体を下支えするようなポジションにあるため、Mail.appやアドレスブックなどのアプリケーションと連携性が非常に高いのも特徴。

例えば先週受信したはずのメールが見当たらない場合にはMail.appからTime Machineを呼び出し、時間軸を徐々に遡って行けばやがて画面にそのメールが出てくるし、アドレス帳に登録してあったはずの人が消えていれば同様にTime Machineを呼び出して遡って行けばデータが出てくる。目的のものを見つけてしまえばあとは[復元]を指示するだけで本来有った場所にそのファイルを復元してくれる。これはファイル単位ではなく情報単位で復元可能であることを意味しており、一般のバックアップのようにファイル単位で復旧するものとは性格が異なるのがお解り頂けると思う。

さて、Time Machineの機能を使うためにはUSB2.0またはFirewire接続の外付けHDが必要(Mac Proは増設HDDでもOK)。バックアップをするのだから、当然のことながら起動ディスクをTime Machineの保存先に設定することは出来ない。また、Boot Campのように専用の領域を必要とするものではないので、Time Machine専用としてディスクやパーティションを用意する必要は無い(データ保管の安全性を高めるという意味においては専用のディスクを確保するのが理想だが:他の環境の影響を受けにくいので)。

確保する容量の目安は明確にされていないが、当面は使用しているディスク容量の合計+30GB程度を基準とすれば良さそう。例えば起動ディスクで20GB、外付けで40GBを使用しているとすれば、20+40+30で90GB前後の領域があれば良い、ということになる。120GBの外付けHDをつないでも良いし、元々使っている外付けHDに90GB以上の空き領域があるのであればこの外付けHDをバックアップ先として指定することも出来る。

Time Machineが管理するデータの幅は以下の通り。
・24時間前までの一時間ごとのバックアップ
・一ヶ月前までの一日ごとのバックアップ
・バックアップディスクが一杯になるまでの一週間ごとのバックアップ

直接この機能によって何かを楽しめる訳ではないが、少なくとも一度くらいは「Time MachineをONにしておいてよかった♪」と思えるものに違いない。

ちなみにTime Machineを初めて使った場合の参考(当方環境)は以下の通り。

本体:Mac mini(MA608J/A)80GB/5400rpm 2.5"
外付け:Firewire400でMac miniと接続した160GB/7200rpm 3.5"
バックアップの対象となった総容量:約42GB
所要時間:約50分
[補足]Tigerが初めてSpotlightのIndexを作る時のような高負荷状態にはならなかった
スポンサーサイト

Mac_OS_X_Leopard雑記(Mail編)

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

本日のお題はMail(以下Mail.appと記載)。これまでのMail.appはいわゆるメーラーとも呼ばれるメール専用のアプリケーションだったが、LeopardのMail.appには「RSS購読」「ひな形」「メモ」「To Do」の4機能が追加されたことがウリ。

1. RSS購読
RSSを購読する場合TigerではSafariのみが対応してたが、LeopardではMailでもRSSを受信できるようになった。どちらを好んで使うかは利用者次第だが、個人的にはSafariでRSSを購読した方がシームレスで好きだ。
RSSリーダにSafariを使うかMail.appを使うかはそれぞれの環境設定で選択可能。

2. ひな形
なんと書いていいのか判らなかったのでとりあえず機能ボタンの名称をそのまま使ったが、いわゆるグリーティングカードのように装飾を施したHTMLメールを作成できる機能。日常のメールのやり取りには向いていないかもしれないが、工夫次第で色々な使い道があるだろう。ひな形を使ったメールを作成できるのは新規メールを作成する場合のみで、届いたメールにひな形を使った返信メールを作ることは出来ない。

3. 写真ブラウザ
このボタンを押すとiPhotoで管理している写真を小さな別ウィンドウでブラウザ表示してくれる。このお陰でiPhotoを起動すること無く写真を一覧することが出来るようになった。また、ひな形にはフォトカード形式のものも用意されているので、使いたい写真と差し替えたい場合にはこのブラウザから目的の場所に写真をドロップするだけで差し替えることが出来るので非常に便利。

4. メモ
届いたメールから必要な部分を抜粋して書き留めておいたり、ちょっと覚え書きをしておきたい時などに重宝する機能。メモにはテキストはもちろん、文字の装飾や画像を張ったりできる。メモは送信することも出来る(HTML形式)ので、誰かに送ったり、或は自分宛にメモを送信しておいて出先からこれを確認するといった使い方も出来る。メモしたものをTo Doへ送出することも可能。

5. To Do
「X月X日 10:00から会議」など、イベントごとなどを忘れないように書き留めておくための機能。受信したメールに日時の記載がある場合、そこにマウスポインタを持って行くと自動的に日時の記述部分を識別してTo Doを作成するためのメニューが現れる。そこで項目を選択することによってTo Doリストを作成することが出来、同時にiCalへこの予定を送出することも出来る。なお、この"To Do"と先の"メモ"はMail.appのサイドバーに新たに設けられた「備忘録」というカテゴリに振り分けられる。

6. その他
・.macアカウントとGmailアカウントではアドレスとパスワードを入力するだけでPOPサーバやSMTPサーバの設定まで全て勝手にやってくれる。
・"ルールを適用する前に迷惑メールを選別"という項目が増えた。
・メールの標準形式がテキスト形式ではなくリッチテキスト形式になった(変更可能)。また、受信したメールと同じ形式で返信できるようになった(初期状態ではOFF)。
・送信サーバを使用できない場合に代替えサーバのリストを表示してくれる。

To DoによりiCalとの連携がとれるようになったのが一番の改良点。プライベート用途ではあまり恩恵に授かれないかもしれないが、公私併用しているような人には有り難い改良だろう。

Mac_OS_X_Leopard雑記(Safari編)

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

本日のお題はSafari 3.0。

一番大きな特徴は「Webクリップ」。Webページ全体や部分をクリップしDashboardに登録しておくことが出来る機能。よくいくサイトの必要な部分だけを抜粋して管理することが出来、わざわざサイト迄足を運ばなくても更新が反映されるので使い方次第ではかなり便利なツールになるはず。ただ、使いすぎると無駄にメモリを食うことにもなりかねないのでその辺のさじ加減は要注意、かな。

Safari 2.xで強く求められていた機能としてあげられるのがタブの入れ替え機能と、複数タブを同時に閉じようとした場合にアラートを表示させる機能。どちらもMozilla系タブブラウザでは以前から採用されていたものだが、Safari 2.xでは実装されていなかった。特にタブの入れ替えはちょっとした時に使いたくなる機能なので、これが装備されたのは嬉しい所。

個人的にはページ内の検索結果表示が凄く見やすくなったのが嬉しい。該当する語句があれば図のようにページ全体を薄暗くし、該当する単語をハイライト、更に選択されている部分を黄色くアクション付きで表示してくれるため、これまでには無かった視認性の高さを提供してくれている。

小さな配慮として嬉しい追加機能としては、blogの作成中のように入力中のテキストフィールドのあるタブを閉じようとした場合に警告してくれる機能と、このテキストフィールドを自由に拡大縮小できるようになったこと。これは自分でblogを書いている人や、掲示板に投稿する機会が多い人などには有り難いんじゃないだろうか。

目立たない改良点としてはページのレンダリングが高速化されたことと、レンダリング性能自体も向上したように感じられること。そしてテキストフィールドに日本語をローマ字入力した場合に発生していた文字揺れ現象もSafari 3では見られなくなったことかな…。

あ、あと動きのあるFlashを表示させた状態でSafariのウィンドウを非アクティブ状態にしてもFlashの動作がスローモーションになる現象は無くなりました。大して意味が無いと思われるかもしれませんが、人によってはこれを理由に他社製ブラウザを使っていましたので嬉しい改善では無いでしょうか。

Mac_OS_X_Leopard雑記(システム環境設定編)

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

本日のお題はシステム環境設定。Tigerまでとの大きな違いは基本的にない。新機能であるSpacesやTime Machineの設定項目が増えたことくらい。あとはアイコンが新しいデザインになったことかな。

では、内容について数点。

1. ExposéとSpaces
Tigerから採用されているExposéについてはほぼこれまで通り。アプリケーションフォルダにも「Exposé」が追加されたことにより、これまでのキーボードやマウスの操作やアクションで呼び出す手段以外に、ExposéをDockに登録して簡単に呼び出せるようになった。
Spacesは仮想デスクトップの枚数などを設定する(SpacesについてはFinder編を参照)。

2. セキュリティ
Tigerのセキュリティ設定はちょっと解りにくかったが、Leopardでは項目が「一般、FileVault、ファイヤウォール」の3つに分かれたので解りやすくなった。一般の項目は平時についての設定、FileVaultはこれまで同様の暗号化機能の設定、ファイヤウォールはTigerまでの「共有」から引っ越してきたもの。

3. ネットワーク
図のようなリスト表示形式になってこれまでよりも格段に見やすくなった。これで複数のネットワークを併用している人は少し管理しやすくなるのでは?なお、それぞれの設定方法については基本的にこれまでと同じ。

4. 共有
Tigerまではここにあった「ファイアウォール」の設定は『セキュリティ』の項目に移動。設定項目が簡素化され、今までよりも取っ付きやすくなった印象を受ける。"Windows共有"という項目が無くなっているけど、これはOSレベルで常時ONの状態になった、かどうかは定かではない(^^;

5. Time Machine
Leopard最大のウリとも言えるバックアップ機能。ミラーリングなどのように単純に複製を作成して行くものとは違い、ファイルの履歴を管理することによってバックアップする機能(バージョン管理式)。
時系列を行き来することで削除や上書きされる前のファイルを復活させる事が可能。バックアップ先は外付けのHDDを使うのが基本。外付けHDを接続したり、アカウントを初めて運用する時にはまずこの機能を使うかどうか尋ねられるが、ここでキャンセル(使用しない)を選んだとしてもあとからシステム環境設定にてこれをONにすることも、或はその逆をする事も可能。
なお、Leopard発売前はAirMac経由のHDをバックアップ先として利用できると謳われていたが、実は発売前に急遽この機能はカットされたとの話もある。現にこの使い方が出来ないと訴えているユーザもいるようで、この機能がどうしてカットされたのか、今後のバージョンアップで対応されるかどうかは一切不明。

6. アカウント
ユーザアカウントを管理する項目。基本的にはこれまでと同じだが設定項目が少し整理されており、新規アカウントを作成する時の手間がかなり改善されているところは有り難い。
作成したアカウントに設定したパスワードと同じものをヒントに記述した場合には、安全上好ましくないという旨を警告が出るようになったので、うかつな設定をしたばかりに他のユーザにPWがばれてしまう、という危険性は大幅に減った。

7. ペアレンタルコントロール
知らない人は「なんじゃこれ?」なのだろうが、要するに「親目線での管理者権限」というやつ。家族でMacを共有していると子供用のアカウントを用意する場合が多いと思うが、このような用途において親の権限でサイトへのアクセス制限をかける事が出来る機能、といえば解りやすいだろう。この機能はアクセスを制限するものなので、アプリケーションを勝手に追加や削除をさせないようにするなら、アカウントの設定で管理者権限を与えないアカウントを作成する必要がある。

Mac_OS_X_Leopard雑記(Finder編)

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

本日のお題はFinder(Desktop)。項目別に気づいたことを幾つか紹介します。

1. Finder、Desktop全般
サイドバーが「デバイス、共有、場所、検索」の4つにカテゴリ分けされ使い勝手が増した。特に検索カテゴリが出来たお陰でスマートフォルダの役目が明確になり、Tigerのそれ以上に利用性が増したことに気づかされる。検索フォルダ(条件)はいくつでも追加可能。
表示オプションが改良され、グリッド間隔の設定を細かく行えるようになったのは歓迎すべき所だが、ウィンドウの表示設定方法が少し変わったため、ウィンドウ毎の表示方法(Icon、List、Column、CoverFlow)の設定方法が分かりにくくなったのはチト困る…。
見た目ではアイコンやウィンドウのデザインが変更されたこと、ウィンドウがアクティブ(前面)の場合と非アクティブ(背面)の場合で影の付き方が変えられており、非アクティブウィンドウよりもアクティブウィンドウが浮いて見えるよう改良された。
なお、LeopardからはUSERレベルに「ダウンロード」フォルダが追加された。これまでダウンロードファイルはデスクトップに散らばっていたが(初期設定では)、Leopardからはここに集約される。Dockにもあらかじめ登録されているので管理しやすくなった。

2. Dock
これまでの平面的なデザインから立体的デザインに変更され、反射とアイコンのシャドウも描かれるようになった。ここの反射はアイコンだけではなくDock付近のウィンドウなども映り込む。
また、これまでは起動中のアプリケーションアイコンの下には▲印が表示されていたが、Leopardでは青白い光点になった。宇宙をイメージした上での変更だと思うが、視認性が悪くなったので個人的にはあまり歓迎できない…。
逆に、Dockのアイコン上に表示されるアプリケーション名には背景が付くようになったので、Dock付近に明るい色調が来るデスクトップを使用した場合の視認性が格段に高まった。

3. Stacks
Leopardからの新機能で、Dockに登録したフォルダから中身がポップアップされる機能(初期状態はアプリケーションフォルダとダウンロードフォルダの2つが登録されているが任意で追加削除可能)。今まで採用されていたメニュー形式よりも視認性が高まった。表示方法はグリッドとファンの2パターンあり、名前順で表示される。表示方法や表示順はDockに登録したフォルダごとに個別の設定をすることが可能。
Stacksの表示内にフォルダがあってもそこからサブメニュー式に中身を追って行くことは出来ないのと、Dockに登録したフォルダ自体を開くためにはcontrol + クリック(or右クリック)でサブメニューから「~を開く」を選ぶ必要があるのがちょっと不便かも。演出としてはとても面白いだけにちょっと残念。

4. Quick Look
これもLeopardから新しく搭載された機能で、アプリケーションを起動すること無くファイルの中身を閲覧できる機能。ちょっと中身を確認したい、アイコンプレビューだけでは不十分という状況下で最も真価を発揮する。複数ページを有するPDFファイルやWord書類、Excel書類でもQuick Look上でページを移動することが出来るし、Quick Lookで確認したJPEG画像をiPhotoに送り込むことも可能。
なお、Quick Lookが搭載されたことでTigerに組み込まれていたスライドショー機能は消滅した模様。
optionキーとのコンビネーションでメニュー項目やコンテキストメニュー出てくるように変わっていました。

5. Spaces
複数のデスクトップを切り替えて使える機能。これまではデスクトップは1枚しか無いのが当たり前だったが、画面外に複数のデスクトップが存在し、用途によって切り替えながら使うことが出来るのでデスクトップが煩雑にならずに済む。勤務先で仕事をする振りをしてゲームをしているような困ったチャンには非常に有り難い機能ではないだろうか(笑)。
[control]キー + [矢印]キーによるキーボードショートカットや、Dockに登録したSpacesアイコンをクリックして切り替え画面にしてデスクトップを切り替えることも可能。仮想デスクトップの枚数はシステム環境設定で行える。

6. ヘルプ
ヘルプの検索がこれ迄のビューア経由方式からSpotlightで直接検索できる方式に改められた。インクリメントサーチに対応したという風にも言えるので、これまでよりもヘルプは活用しやすくなるはず。Mac初心者は特にこの機能を強く意識して使うようにすると上達が早まるのと思う。

もう来た!Mac_OS_X_Leopardの当日届け!

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

午前10時40分頃
もう届いちゃった!
もちろん写真は梱包箱から出した状態。
パッケージおもて面。
前にも書いた通りホログラム。
いやが上にも期待感が高まるパッケージです。
パッケージ裏面。
こちらも実はさりげなくホログラムだった。
そつがないね、Appleさん。
パッケージの中身。
写真奥はパッケージのカバー。
ブック式のケース右側にInstall DVD、
左側はLeopardについている90頁ほどのミニ解説本と、写真では分かりにくいが白いAppleシール。

てなわけで、これからInstall開始!

普段起動ディスクとして使っていた外付けは万が一に備えてそのまま残し、LeopardはMac mini本体へ。Installは「上書き...」ではなく「消去して...」を実行。インストールに要した時間は賞味40分程度。
→v10.3以下の環境からv10.5への飛び級上書きインストールは個人的にあまりお奨めしません(私は10.4.10からでしたが、上書きをしなかったのは自分なりのこだわりからです)

再起動するとWelcome(今回の曲もなかなか♪)が流れて手続き画面へ。といっても特にやる事はなく、外付けのHDからアプリとユーザ環境を読み込むように設定。アプリが11GB程あったので所要時間は賞味1時間強。

実はこの作業は3回目(^^;

1回目は上と全く同じ方法で環境を整えたのだが、ソフトウェアアップデートにErrorが出て実行できなかった。色々試行錯誤したが結局らちがあかなかったので潔く再インストールを決断。

2回目は外付け環境を読み込ませずにセットアップを済ませ、移行アシスタントを使って環境を移行させてみた。しかし結局、ソフトウェアアップデートのErrorは解消しなかったので、Apple側の環境(ソフトウェアアップデートのサーバ)に問題があると判断しつつ、もう一度最初の方法で再インストールを決断。

で、当然ソフトウェアアップデートは出来ないままの状態だが、それ以外は全く何の問題もなく移行完了。
[10/27追記]結局Apple側のトラブルだったようで、現在は解消しています

セットアップ完了後はとりあえずTigerでもお馴染みのSpotlight用INDEX処理がありCPU等はかなりビジーな状態になるが、Tigerの時のような必死さは感じられなかった(笑)。ノート型でも多分影響は少ないんじゃないかな?

とまぁ、一通りの作業を終える迄のレビューはこんな感じ。

先ほどまでの記事にはソフトウェアのレビューを簡単に載せたんだけど、これは日を改めて書き直して行こうと思います。

ポチっと良かった♪軽微なトラブルと余計な手間がかかってしまったがこれは私が神経質になっただけ。普通に作業をすれば長くても3時間ほどで新しい環境を楽しむ事が出来ると思いますよ!この感動、味わわなければ、損、ソン、そん!

Mac_OS_X_Leopardワールドプレミア

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Appleユーザでお近くにApple Storeがある方。
お時間があれば覗きに行かれてはいかがでしょうか♪
Windowsの時のそれのようなお祭り騒ぎはないでしょうけど、
なかなか面白いかもしれないですよ♪

あ…、プロ野球日本シリーズ第1戦と重なるなぁ…(>_<)
ち、ちがう…、これは明日だった(汗)

Mac_OS_X_Leopardのパッケージはホログラム♪

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

いよいよMac OS X Leopardが明日発売になります。私はポチッと予約購入しましたので明日現物が届きます♪ちなみに、Tigerの時は当日の朝10時に届きました。あまりに早さに驚いたのを思い出します。

さて、LeopardというとTimeMachineと呼ばれる機能で使われている背景画像に象徴される通り、どこか『宇宙』を思わせるエッセンスが盛り込まれています。パッケージ表面の『X』の背景もその一つ。これってただのイラスト(CG)かと思っていたら、やっぱりAppleさん。気合いの入れ方が違います。表題にも書いた通り表面はなんとホログラム。そう、平面なのに立体的に見えちゃう加工で、クレジットカードの隅の方に張られていたりするあれ。

言葉で説明しても分からないと思いますので、下の映像をご覧下さい。別に何の効果もある訳ではないたかがパッケージなのに思わず「おーっ」と声を出しちゃいます(笑)

Leoparad、当日届け受付終了!

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

現在は日付が変わって25日となりましたので当日(26日)届けはもうできません。Amazonだったらまだ間に合うかもしれませんが、その辺の情報は掲載されていないので何とも言いようがありませんね。24日までの予約購入に間に合わなかった方はダメもとでAmazonで注文してみるか、左のバナーからApple Storeでお求め下さい(発送日はご確認下さい)。

Firefox_2.0.0.8

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

モジラ、「Firefox 2.0.0.8」をリリース
Mozillaは米国時間10月19日、ウェブブラウザ「Firefox」のバージョン2.0.0.8をリリースした。新バージョンは、Appleの次期 OSである「Mac OS X 10.5 Leopard」をサポートする。またこのFirefoxの新バージョンでは、いくつかのセキュリティ脆弱性も修正されている。

WebブラウザのFirefox、2.0.0.7のバグ修正を施した2.0.0.8がリリースされました。深刻な2点の脆弱性を含む8点の問題修正が施されていますのでFirefoxユーザは忘れずにアップデートしましょう。アップデートはFirefoxのアプリケーションから、またはDownloadのページから行えます。

また、このバージョンからMac OS X Leopardに正式対応となります。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。