このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

いきなりMacBook登場!!

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Apple MacBook 13

Apple MacBook 13" 2GHz Intel Core Duo/ 512MB/ HD60GB/ SD/ White [MA255J/A]

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: エレクトロニクス


Apple MacBook 13

Apple MacBook 13" 1.83GHz Intel Core Duo/ 512MB/ HD60GB/ Combo/ White [MA254J/A]

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: エレクトロニクス


Apple MacBook 13

Apple MacBook 13" 2GHz Intel Core Duo/512MB/ HD80GB/ SD/ Black [MA472J/A]

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: エレクトロニクス

K.j.X's Homepage へ来て下さっている方なら、たとえ Windows ユーザーであったとしても Mac 本体の CPU が Intel に代わりつつある、という事はご存知かと思います(興味は無いでしょうけど)。デスクトップ機のエントリーモデルである iMac と Mac mini から始まり、ノート機のハイエンドモデルの PowerMac G4(MacBook Pro に改称)が Intel CPU に切り替わりました。これで Intel CPU 未搭載の Mac は、デスクトップハイエンドモデルの PowerMac G5 と、ノートのエントリーモデルにあたる iBook G4 のみでしたが...

やはり、Mr.Jobs らしいサプライズ!全く何の前触れもなく MacBook(旧 iBookG4)が発表されました!!

主な変更点は以下の通り。

  • CPU:PowerPC G4/1.33GHz、同1.42GHz → 1.8GHz または 2.0GHz の Intel Core Duo へ
  • モニタ:12.1"、14.1" → 13.3" ワイド(1280 x 800) へ(画面輝度は 79% UP!)
  • ボディーカラー:ホワイトのみ → ブラック追加(2.0GHz モデルのみ)
  • 本体が約20%薄型化(約 34mm から 約 27.4mm へ)
  • HDD インターフェイスが ATA100 から Serial ATA へ変わり高速化
  • 電源コネクタは MacBook Pro 同様の MagSafe を採用
  • iSight(Web Camera)を標準装備
  • ワイヤレス通信(802.11g 規格/AirMac Extreme 54Mbps)標準装備
  • ワイヤレス通信(Bluetooth 2.0+EDR)標準装備
  • ワイヤード Ethernet ポートが 10/100 BASE-T からギガビット対応に拡張
  • 光入出力(Audio)端子標準装備

やはり Core Duo CPU を採用したというのが一番のポイントとなるでしょう。一応、Apple の発表によれば iBook G4 よりも最大で約5倍の高速化、だそうです。

もちろん使うアプリケーションに依って影響は違ってくるので一概には言えませんけど、Intel CPU にネイティブ対応したアプリなら最低でも約2倍の速さは体感できそうです。
→非ネイティブアプリだと Rosetta の翻訳を介するぶん処理が遅くなってしまう(Photoshop など)

あ、そうそう。

『買う!』なんて思っちゃってくれた人に一つだけアドバイス。

MacBook に標準搭載されているメモリは 512 MB ですが、iLife'06 などの同梱アプリを大いに堪能するためには些か足りません。フトコロ具合にもよりますが、最低でも合計 1GB 以上になるように購入される事をオススメ致します。ちなみに搭載上限は 2GB まで。

さぁ、これで残されたのはハイエンドマシンの PowerMac のみとなりました。

当初の予定よりも相当早いペースで Intel CPU への切り替えが進んでいるので、もしかすると次期 OS となる Leopard と同時発表あるは先行発表される公算が高くなりましたね。Intel CPU にはまだ隠し球が存在しているようなので、最も高性能な PowerMac ファミリーには想像を絶するモンスターCPUが搭載される可能性もあります。

いやぁ、なんだかワクワクしてきますね(笑)

あ、Windows ユーザーさん、冷めた目 (¬д¬。) で我々を見てるでしょ……

でもね……

生粋の Mac ユーザーってこんなもんなんですよ。男女差はあるかもしれませんが、或る意味においては[車が大好き!]という人の感覚に似ているところがあるんです。だって、たとえ買う金がなくても新製品(新車)が発表されるたびに小躍りするんですから(笑)

【関連サイト】

スポンサーサイト

iTunesを搭載した携帯が日本デビュー?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

アップルがソフトバンクと携帯電話で提携?--広報は「ノーコメント」
Apple Computerとソフトバンクが携帯電話端末事業で提携するという報道が5月13日、一部報道機関でなされた。この報道に対し、アップルコンピュータは「日本法人で把握している情報はない」として、コメントを控えた。

既にアメリカやヨーロッパでは Motorola 製の ROKR(ロッカー)という端末が販売されており、iTunes Music Store で購入した楽曲を再生する事ができ、日本でも同様の製品の登場は以前から強く望まれていた(ROKR はその電波方式の違いから日本国内では使えない)。

そこへようやく名乗りだした(かもしれない)のが、かのソフトバンク。既にボーダフォンを買収し携帯電話市場への参入を果たしているので、魅力的な製品を送り出せば[ジリ貧]の vodafone 市場の復活が期待できる。

一方、 Apple にとってもおいしい話しであったに違いない、と思う。"着うたフル"や"LISMO"という(微妙に畑違いの)サービスがあるから。天下の Apple がこれらのサービスに恐れを抱くなんて事はないだろうが、それでも iPod や iTMS での売り上げに全く影響が出ない存在とは言い切れない。

占有率の復活を望むソフトバンク(vodafone)と iTMS 利用者の一層の拡大を望む Apple Computer。もし本当にこの両者がタッグを組んで iTMS の楽曲に対応する携帯電話をだすのなら、日本の携帯電話市場に大きな変化の波が訪れる事になるかもしれません。

そこで、お願い。

iPod(iPod mini なんかが好かった)の様に…という贅沢は言いませんが、せめて ROKR みたいなカッコわるい端末だけは作らないで下さい!これが NTT docomo に向けてのお願いだったら全く期待できないのですが、旧 vodafone の端末を見る限りにおいては決して不可能なお願いではないと思います!

あ、そうそう。

某社みたいに、ハードディスク搭載の携帯なんてものも作らんで下さい!あれは携帯電話ではなく携行電話でんがな…。

いつまで待たせるの?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

まぁ、百聞は一見にしかず、である。

以下の画像(圧縮ファイルの解凍中に出る表示)をご覧くだされ。

noimages.jpg

あと2,023,406,814時間??

にじゅうおく にせんさんびゃくよんじゅうまん ろくせんはっぴゃくじゅうよ じかん!

一日24時間、一年で8,760時間だから‥、

2023406814 ÷ 8760 で‥

23,100年待ち?!











しかも【残り】が 23,100 年なわけだ。

プログレスバーの進捗状況から考えると解凍に要する時間は推定50,000年…?

ぼく、そんなに長い事生きてきていないし、これからもちょっと無理だと思います。それに、うちの Mac 君も残りの約20,000年を動き続けられるかどうか不安です…。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。