このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

【Re】って何だ?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

返信メールや掲示板での回答などの件名で良く見かけるやつ、それである。

Re: ほげほげ

まぁ、図解するまでもないでしょうけどこういうやつのことです。これが付いた件名は基本的に[返信]であることを意味しているのは大半の方がご存知でしょう。ではなぜ返信の件名にはこの「Re:」が付されているんでしょうか。

と、その前に英語のセオリーを振り返ってみよう。実は英単語においては[re]だけでもそれなりの意味があり、"再び"とか"新たに"などのように「仕切り直し」のような雰囲気を持っている。具体的にいくつか例を挙げてみると(ハイフンは便宜上使用)...
・play > re-play
・action > re-action
・bound > re-bound
・try > re-try
・call > re-call
・boot(パソコン等の"起動") > re-boot(再起動)
・mind > re-mind
・make > re-make
・form > re-form    などなど...

となると、「re:」と書かれているだけでも何となく意味は通じそうな気がする(笑)。でも(実際のところは不明だが)そんなことではなく、たぶん元となる単語は存在していて単にそれを省略して書いたというのが正解なのだろう。では、その元となった単語は何なんだろう‥。

日本人はこの「re:」に該当するメールや投稿を「レス」と称する人が大半を占めている。となると、恐らくもとの単語は「response(レスポンス)」なんだろう、となるのだが…。

いやいや、違うのです、間違いなのです(きっと)。一説によると、これはパソコン通信時代に誤認されたものがそのまま広がったと言われている。つまり、その時代に誰かが「re = response」であると誤解をし、それがそのまま定着しちゃったから「re = レス」という略称を使うようになった、らしい。→中には「re = reaction」と指摘する人もいるが…(こっちの方が少し説得力が有る/笑)

うん、確かに response だと「反応」という意味だから違和感がある。『"反応"って、なんか機械的なイメージが無い?』、そんな違和感。じゃ、返信という意味の英単語って無いのかといえば、そりゃもちろん有るわけで…

reply

reply

reじゃん!

そうなのです、「re:」の正体は疑う余地なく「reply(リプライ)」だったわけですね!

さて、とはいえ「レス」という言い方が定着している以上いまさら「リプライ」とは言い難い‥。もうこれは仕方が無いと言うしかないのが現状でしょう。ですから、私個人としては「知識上では"reply"、実用上では"レス"」で構わないと思う。ただし、ちょっと気取って略さずに書く時だけは恥をかかないように気をつけよう!

恥1) XXさん、レスポンスありがとうございました! その件については...
恥2) XXさん、リアクションどうも! その件については...

状況によっては上記の書き方が正解の時も有るのかもしれないが、基本的には「リプライ」が正解と考えるのが『正解』だと思えますので覚えておきませう♪

スポンサーサイト

Mac_OS_X用のウェブブラウザあれこれ

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Mac OS X の標準ブラウザといてば Apple 純正の Safari(サファリ)です。
Mac OS X v10.3 -Panther- までは Internet Explorer も OS に同梱されていましたが、
Mac OS X v10.4 -Tiger- からは Safari に一本化されています。
また Internet Explorer for Mac の配布は既に終了していますので、
これからはますます Safari の利用者が増えていく事になるでしょう。

Safari は非常によく出来たブラウザ(登場当初の不具合はほぼ解消)で、
表示も早く RSS リーダーも装備する等、使い勝手もかなり快適です。

がしかし、どうしても Safari に馴染めないひともいらっしゃる(特に IE ユーザ)。
そんな方には多少なり参考になるかもしれないので、
現在 Mac OS X に対応しているメジャー級(Safari 以外)のブラウザを幾つか紹介。
以下、私の個人的なオススメ順で書いていきます。

2006/4/17 訂正
・CC 様のご指摘を受け訂正致しました。誤報を載せてしまった事をお詫びします

第一位:Camino(カミノ)--- Universal Binary 未対応対応済み
Mozilla 組の手による Mac OS X 専用として開発されたタブブラウザ。ページの描画速度は Safari 並み、あるいはそれ以上。W3C の定める規格に準拠しているので WinIE 特化サイトの表示は不得手(Camino に罪なし)。ブラウザのインターフェイスが Mac OS X とよく馴染むので気持ちがいい。

第二位:Firefox(ファイヤーフォックス)--- Universal Binary 未対応対応済み
Mozilla 組の手による Gecko エンジンを採用したタブブラウザ。ページの描画速度は Safari 並み。W3C の定める規格に準拠しているので WinIE 特化サイトの表示は不得手(Fx に罪なし)。ブラウザのデザインを着せかえる事が可能だが、全体的に Windows っぽい…。RSS 購読に対応しているが設計が不完全で使い勝手はいまいち…。Macintosh 本体(CPU)との相性もあるようで、環境によってはなかなか起動しない…。

第三位:Opera(オペラ)--- Universal Binary 未対応
Internet Explorer、Netscape に次ぐ歴史を持つ古参のタブブラウザ。ページの描画速度は Safari よりも少しだけ遅い、という感じ(IE よりは圧倒的に速い)。W3C の定める規格に準拠しているが WinIE 特化サイトの表示もそれなりに対応してくれる。ブラウザのスキン変更も可能だが、全体的にやっぱり Windows っぽい(Fx ほどではないが)。RSS 購読に対応しているがちょっと独特なので慣れるまでは使いにくいかも…。有料だった(今は無料)ブラウザなので、そういう意味でも甘えた作りにはなっていない。

第四位:shiira(シイラ)--- Universal Binary 対応済み
Safari と同じ Web Kit を使用したブラウザ。独自の機能もかなり多いので『Safari 並みの性能は欲しいけど使い勝手が…』という人向けかも。

第五位:Real Player(リアルプレイヤー)--- Universal Binary 未対応
意外と思われるかもしれないが、Real Player は Web ブラウザとしても使える。使い勝手という点では何も秀でたものはないが IE などを使うよりは快適かと思う。

ランク外:Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)、Netscape(ネットスケープ)
どちらも Windows の世界では一線級のブラウザだと思いますが、Mac OS X の環境においては両者とも[過去の遺物]で使用に耐えない代物。IE の Mac 版は正式に開発終了、Netscape Browser はアナウンスなしなので多分撤退。

とまぁ、こんな感じでございます。
参考になりましたでしょうか?

ちなみに、私が言うところの「Windows チック」というのは下写真の Firefox で見られるようなボタン類のデザイン。これがまぁ、なんとも Mac OS X には似合わないのであります(苦笑)→ボタン類のデザインを変更するツールがあるので Mac 風にできますが。

※ Universal Binary(ユニバーサルバイナリー)
Intel CPU を搭載している Mac 上でも動作する仕様になっているアプリケーション。UB 未対応アプリの大半は Mac OS X v10.4.4 以降の環境においてロゼッタ経由の動作となるため、ネイティブ動作よりは多少動きが緩慢になる。

え?MacでWindows?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

そもそも「Macってなに?」と思っている人もいたりして(汗)

私たちが使うパソコンには "OS(Operation System)" と呼ばれる基本ソフトが入っています。一般に広く知られているのは Microsoft 製の[Windows]と呼ばれるもの。これ以外にも幾つかありますがその中でも比較的有名なのが Apple Computer 製の[Mac OS]。

それぞれの OS は根本から全く異なるものなので、Windows に対応しているパソコンに Mac OS を入れることは出来ませんし、Mac OS に対応しているパソコンに Windows を入れることも出来ません。これがパソコンの世界にあった『今までの常識』です。

しかし、Apple Computer が先日公開した Boot Camp はこの常識の一部を覆すもので、Apple Computer 製のパソコンで Windows を動作させることが可能となります。

では、Mac 本体に Windows を入れられる事にどういう意味があるのか。主な要素を挙げてみると、次のようなものになります。

  • マシンの設置場所(スペース)が1台分で済む
  • 周辺機器も1台分で済むのでその分の場所も浮く
  • Win OS を買うだけで済むので、Win 機を買うほど費用はかからない
  • デザイン等が気に食わない Win 機を我慢して使う必要がなくなる
  • 出先の環境を気にする事無くノートパソコンを持ち歩く事が出来る

ご存じない方も多いかもしれないが、Mac 環境で仕事をしている方たちの多くは Windows 共存を余儀なくされています。上に書いたものはそういう人たちが常日頃直面している悩みですが Boot Camp の登場によりかなり改善される見込みが出来たわけです。

また Virtual PC のような仮想環境ではなく、ネイティブでの動作なので速度も機能もそこらの Win 機と遜色ありません。

そこまで Mac OS を使う事が不便なら始めから Windows を使えば良いのに……と思われるかもしれませんが、それは違います。

我々が Mac をチョイスするのは「好きだから」です。

日本人なのに洋楽好きだったり、国産車の方が経済的なのにベンツをこよなく愛したりする人と似たようなもの。逆を言えば、そういう人にとって Windows は魅力的でもなんでもないただの[モノ]。使う気になれないものは基本的に買わない、という至極当然の選択をしているにすぎません。

さて、次のような事を思っている Windows 遣いさんがいるのでは?

『Mac ってウイルスなどの心配がないって聞いたことがある。ということは、Mac OS は使わないにしても Mac に Win を入れて使っていれば安全なんでしょ?』

答えは...ノー!

ウイルスなどの外敵の種類にもよるが、一番の問題点は OS やアプリケーションが抱えている脆弱性です。つまり本体がなんなのかではなく、動作している環境がなんなのかが肝なので Windows を使う以上は本体が何であろうと関係ありません。

よって、Mac で Windows を使う場合もネイティブの Win 機を使用する場合と全く同様に安全対策を施さなければなりません(もちろん Mac OS の方も脅威は少ないですが対策はしておくべきです)。

なお、Mac OS 側から Windows 領域のファイルは全て扱う(見る)事が出来ますが、Windows で起動した場合は基本的に Mac 側の領域は全く見えません。つまり Mac OS で起動しても Windows 側の Office 書類は開く事が出来るけど、Windows で起動した場合は Mac 側の Office は開くどころか所在も見えない、という事(ここで挙げた Office はあくまでも例です。その他、互換性のあるファイルでも同様)。

これは Mac OS は Windows のフォーマットに対応していて、Windows は Mac OS が採用しているフォーマットを全く理解できないという致命的な仕様差に依るものです。ちなみに、Windows マシンに Mac OS を入れることは現段階では不可能。将来的にもそれが可能となる見込みはほとんどない、と言えると思います。

さいごに…、

とはいえ Mac 本体の画面に映し出される Windows って、やっぱりカッコ悪いな‥

ついにDual_OS_Boot環境が実現へ

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Apple 生誕30周年のサプライズはこれだったのかな?

Apple 製のコンピュータで Win XP SP2 以降が起動可能に

Win XP SP2 での起動が可能となるために必要なソフトウェア(Boot Camp)は4月5日にそのパブリックβ版が発表され、既に入手可能となっています。正式版はこの夏に登場予定の Mac OS X v10.5 に搭載予定だそうです。ただし、同機能を使えるのは Intel CPU を搭載した Apple 製のコンピュータのみ。PowerPC を搭載している Apple 製コンピュータでは使えません。

これにより Win XP 環境は Virtual PC によるエミュレーション(仮想)環境ではなく純正 Win 機と同じネイティブ環境で使用できるようになるので、 仮想環境でありがちな "緩慢な動作" からは開放されそうです。

なお公開中の Boot Camp は Public β版のため予期せぬ不具合が起きる可能性もあります。対応機種をお持ちの方で試される方は各個人の責任において実行して下さい。また、実行する際は既存システム全てのバックアップを取っておくことを推奨します(→Boot Camp の不具合等の Feedback は Apple で受け付けていますが、使い方など諸々のサポートは一切行っていませんので注意して下さい)。

Boot Camp についての詳しい話しは以下のページをご覧下さい。

Apple
Apple Computer NEWS
CNET Japan
Apple、「Boot Camp」を公開--Intel Mac で Windows XP が利用可能に
「Boot Camp」公開--PC ユーザーは Apple に希望の光を見いだせるか?
Intel Mac が Windows XP にネイティブ対応--アップルの動きに高評価
アップルの「Boot Camp」、Mac ユーザーからも賞賛の声
FAQ:アップル「Boot Camp」--Mac で Windows XP を動かすには
Windows on a Mac--アップル「Boot Camp」を早速使ってみた
Apple Discussion Board--ユーザーフォーラム
アップルが「Boot Camp」発表! Intel MacでWindows XP起動可能

Boot Camp の利用には以下の条件を満たしている必要があります。

  • Mac OS X v10.4.6 以降であること
  • 最新版の Firmware update を適用済みであること
  • Hard Disk に 10GB 以上の空き容量があること
  • Intel 社製の CPU を搭載した Macintosh であること
  • 未使用の CD-R または DVD-R があること
  • Windows XP SP2 の Home または Pro の Install ROM(single disk)があること

※ 既に稼働している Windows XP に使用した Install ROM は許諾違反になるため、Boot Camp で使用される場合は現在使用中の Windows XP を抹消するか、新たに Windows XP SP2 のライセンス(インストーラ)を購入する必要があります

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。