このブログは2016年末で閉鎖します。Evernote等にクリップする場合は移転先のエントリをご利用ください。
▶︎▶︎ このブログの移転先に ((移動)) する

【確定】Appleの追加投入新製品群

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

以下、特記以外はすべて日本時間

  • 2005年10月20日午前0時50分現在(米国時間、発表の10分前):Apple Online Store には「We'll be back soon」の表示。これで、取り扱い製品に動きが出るのはほぼ確実な情勢に
  • 同午前1時00分現在:Apple Online Store のページに変化なし(確認は日米両国のページ)
  • 同午前1時10分現在:Apple Online Store のページに変化なし(確認は日米両国のページ)
  • 同午前1時20分現在:【速報!】新 PowerBook G4 発表、新 PowerMac G5 発表、Cinema Display 価格改訂、新規純正アプリ登場(?)

総括

PowerBook G4
15" モデル:最大解像度 1440 x 900 に対応(これまでは 17" モデルが対応)
17" モデル:最大解像度 1680 x 1050 に対応(前 Cinema Display 20" が対応)
15"、17" モデルのみ、メモリ規格が DDR から DDR2 へ変更(12" は DDR のまま)
上記以外には目立った変更はない模様
【価格(税込)】<旧モデル比>
  • 12" G4/1.5GHz 8xSuperDrive:184,800円 <-14,490>
  • 15" G4/1.67GHz 8xSuperDrive:244,800円 <-27,990>
  • 17" G4/1.67GHz 8xSuperDrive:299,800円 <据え置き>
NEW!! PowerMac G5 Quad
MPU がこれまでの PPC G5 Single-Core から、PPC G5 の Dual-Core に変更
これにより、シングルプロセッサモデルでも実質的にはデュアルプロセッサ並みとなりデュアルプロセッサ(シングルx2)モデルに至っては実質的にクアッドプロセッサとなる
メモリ規格がこれまでの DDR から DDR2 に変更(最大 16GB まで対応)
PCI-Express 対応(3つの空きスロット)
nVidia の GeForce 6600 を搭載(2.0GHz モデルは同 LE)
ハードディスクは最大で 1TB(テラバイト=100GB の 約10倍)まで対応
【価格(税込)】<旧モデル比>
  • G5/2.0GHz x1(製品名は Dual 扱い):244,800 円<+8,760>
  • G5/2.3GHz x1(製品名は Dual 扱い):299,800 円<+6,010>
  • G5/2.5GHz x2(製品名は Quad 扱い):399,800 円<+48,260>

Quad の出荷は来月上旬から。現在予約受付中。旧 PowerMac G5 2.7GHz/DP も 351,540円で継続販売中(当面)

Apple Cinema Display
【価格(税込)】<旧価格比>
  • 20"(M9177J/A):93,800円 <-490>※価格設定時の換算レート差のみと思われる
  • 23"(M9178J/A):149,800円 <-28,490>
  • 30"(M9179J/A):299,800円 <-41,240>
新生アプリ「Aperture」登場
RAWデータのワークフローにも対応した写真家向けのポストプロダクションツールで価格は 499 ドル
スポンサーサイト

【続報】10/19のApple_Special_Eventの内容とは?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

"unveil Apple's latest pro innovations."

プレス向けの招待状にはこのような事が書いてあったそうだが、額面通り受け取れば発表内容は PowerBook などの Power系を意識してるように読み取れる。

つまり、PowerMac か PowerBook のどちらか、あるいは両方である。そこで勝手に最終予想!(信じるのは勝手だが、責任はもたんぞ)

今回の発表は2機種。

Power Mac G5

  • デュアルコア G5 を搭載
  • メモリ規格を DDR2 に変更
  • AGP8X スロットを PCi-Express に仕様変更→ 同時に HD (Hi-Vision) 画質をフルサポート
  • その他、付随する仕様変更

PowerBook G4

  • PPCG4 のクロックアップ
  • メモリ規格を DDR2 に変更
  • Graphic Card を仕様変更し HD フルサポート
  • 液晶パネルの基本性能見直し
  • iSight を内蔵
  • その他、付随する仕様変更

で、どうだ!(笑)

[追伸]ウソかホントか...Apple 純正の Photo レタッチアプリが出るのでは、という噂も。つまり、Adobe Photoshop のポジションを狙う、という事か?

【速報】Apple、さらに新製品を投入か?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

さぁ、困ったぞ!

こんなに新製品を連発してくる Apple はとても珍しい!何が起きるのか想像するだけでもワクワクしてきてしまうではないか(笑)

現時点で可能性がささやかれているのは…

  • PowerMac G5 シリーズ
  • PowerBook G4 シリーズ

PowerBook G4 だとしたら PBG5 の登場が考えられなくはないのだが、やはり熱処理の問題がクリア出来ているかがどうしても疑問として残る。今更 G4 のクロックアップという事もいささか考えにくい事なので、可能性だけで言えばちょっと期待薄という感じは否めない。

一方、若干伏兵的存在であった PMG5 はどうかというと…

  • メモリが DDR 規格から DDR2 へ
  • PCI-X カードスロットが PCI-Express へ
  • シングルコア G5 が デュアルコア G5 へ

という点に予想が集中している模様。

今年の4月以来、PMG5 の大きな仕様変更は行われていないのでちょうど6ヶ月が経過したこの時期、しかもクリスマスを控えているので、フラグシップモデルでもある PMG5 へのテコ入れの可能性は高いかもしれない。

PMG5 最上位モデルが PPC G5(DC) x2 なんて仕様になったらオモラシしちゃうかも(笑)

やっぱり出てきた、新製品!

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

予想はかすっていた…、惜しい!(笑)

動画再生対応の新しい『iPod』

Jobs おじさん、またもや皆さんを騙し続けてくれました。「んなもん(動画対応iPod)は必要なかとです!」と明言し続けていたのに、嘘つき!(笑)

iPod 30 GB(HardDisk):34,800円(税込)
[前モデル比]
  • 価格:+2,000円
  • ディスク容量:+10GB
  • 前 20GB モデルに対し 5.1mm 薄型化(11mm)
  • 前 20GB モデルに対し 30g 軽量化(136g)
iPod 60 GB(HardDisk):46,800円(税込)
[前モデル比]
  • 価格:+1,000円
  • ディスク容量:増減なし
  • 前 60GB モデルに対し 5.1mm 薄型化(14mm)
  • 前 60GB モデルに対し 26g 軽量化(157g)

モニターは 2.5 インチに拡大し、ボディーカラーは iPod nano 同様、ホワイトとブラックの2色を設定。もちろん、Macintosh/Windows 両対応。なお、iPod U2 Special Edition は今回をもって廃止。

新しい iMac

いやぁ、まさかまさかのマイナーチェンジ、って早すぎ(苦笑)

  • iMac 17" [PowerPC G5/1.9GHz]:152,800円(税込)
  • iMac 20" [PowerPC G5/2.1GHz]:199,800円(税込)

主な変更点は以下の通り。

  • 形状変更:ボディが薄型化
  • 仕様変更:両モデルとも CPU を 0.1 GHz クロックアップ
  • 仕様変更:両モデルとも2層記録式8倍速 SuperDrive を標準装備
  • 仕様変更:ATI Radeon 9600→ATI Radeon X600 Pro に強化(17")
  • 仕様変更:ATI Radeon 9600→ATI Radeon X600 XT に強化(20")
  • 仕様変更:標準装備マウスが Mighty Mouse に変更
  • 追加装備:本体に iSight(WebCam)を内蔵
  • 追加装備:Apple Remote コントローラー & Front Row を装備

価格は20" については9,990円の値下げ。17" は実質的にみて約15,000円程度の値下げと言えると思います。

iTunes 6

iTunes 5 のリリースから一ヶ月少々しか経っていませんが「6」が登場しました。動画対応の iPod 登場に併せて iTMS で扱う 2,000 以上のビデオ作品の試聴・購入が可能になります。

QuickTime 7.0.3

iTunes が ver.6 へアップデートされたことに伴い QuickTime の v7.0.3 がリリースされます。iTunes 6 を利用するために必須のアップデートとなります。

米国時間10/12に何かが起きる?!

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

-- Apple Computer が、米国時間10月12日に大きな発表を予定しているようだ(CNET Japan、他多数)

まだ「iPod nano」を発表してからさほど時間の経っていないこの時期に次なる何らかのリリースがある事が関係機関に向け Apple から連絡が入ったようです。

色々な憶測が飛び交っていますが、私も独断で考えてみようと思います。

新・iPod の登場?

これは無いと思うんだよねぇ。

動画対応の iPod が出るだろうという憶測も飛んでいるんだけど、このタイミングで iPod の新機種を発表すると絶好調の nano の売り上げに悪影響しそうだ。

新機種を出すのなら nano 発売1ヶ月後のこのタイミングではなく最低でも3ヶ月後以降が妥当では?

というわけで、新 iPod 説は却下!(かどうかは知らないが…)

PowerBook、iBook の仕様変更?

つまりは現行の G4 から G5 に積み替えられるという事になるだろうけど、これは未だに物理的に難しい問題(熱処理問題)が残っているだろうし市場的にもあまり適正なタイミングであるとは思えない。

約2年後には PowerPC から Intel へと移行する事が決まっているので、今この時期に高い機材を買わせるような変更をすると Intel Mac の出足に大きく影響してしまう。

G4 のままクロックアップする変更なら可能性は十分にあるが、しかしこれだと事前に関係機関へ予告するほどの内容であるとは到底思えない。

というわけで、新 PowerBook、新 iBook 説も却下!(かどうかは知らないが…)

Macintosh の仕様変更

といっても、PowerMac G5 においてはクロックアップ程度しか思いつかないが、これでも先に書いた通り事前に予告するほどの改良内容とは言えない。

G5 クアッドを出してくることもまずあり得ないだろうし、仮に出すとしても市場的なリスクを伴うのであまり利口な戦術だとは思えない。やるなら Intel に完全移行する半年前くらいが妥当のように思う。

iMac G5 についてもクロックアップ程度しか思いつかない。

G5 デュアル化する可能性も否めないが、iMac G5 の現筐体に水冷ユニットを組み込む事は出来ないので現実的にはほぼあり得ない。

となると、残されるのは Mac mini と eMac。

ともに今年の7月末にマイナーチェンジをしているので10月に更なる仕様変更というのは早すぎる気はするのだが、これらを G5 化してしまうという選択肢は他の例よりは現実的かと思われる。

どちらも本体価格は 100,000 円を下回る廉価機種のため買い替え需要は発生しやすい。つまりこの時期に大きな仕様変更をしても1~2年後の intel Mac 登場にはあまり影響しないと言える。

また、iPod ファミリーや iTMS が好調に推移している点も見逃せない。

つまり Win → Mac の Switch 組が以前にもまして発生しやすい土壌が整いつつあるわけです。ここでエントリー Mac の市場に刺激を与えればこれらのユーザーを獲得しやすくなります。

そんな彼らも PowerPC Mac には何かと不満を感じるようになる恐れはあります(ソフトが少ないとか)。

しかし、ちょうどその頃には intel Mac が登場するわけで、Switch 組には親しみのある CPU が積まれた Mac が登場するという形になるためここでも買い替え需要が発生しやすい状況になると予想できます。

以上の事から考えて私の個人的な予想は...

10/12(米国時間)に Mac mini、eMac の両方またはどちらか一方に G5 が積まれる!

でも正直言うと、動画対応の iPod 登場という可能性は否定できない(笑)

だって、先日リリースされた iTunes5 は動画対応済みの仕様に改められているし、iTMS (US) では動画も販売してんだもん…。

ハズレても責任は負いません(笑)

パソコンからiPodへの転送が不可能に?

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

えーっとね、余計な事は言いませんよ。

言うのも(書くのも)バカバカしいというか、私の意識は遠く宇宙の彼方へ飛んで行きました、この記事を読んで…。

はい、いいですか、部分抜粋しときます。のちほど、実記事にも目を通しておいて下さい。

このまま業界団体の好き勝手を許しては行けませんよ!これはもはや『暴挙』といっても過言ではない流れになりつつあります!マジで腹立ててます…。

【火種 その1】

音楽のネット配信について、iPod などを補償金の対象とする場合、「補償金の二重取りになるのではないか」という意見があるが、その一方で、JASRAC 関係者は「配信事業者が JASRAC に支払っているのはあくまで PC へダウンロードするまでの利用料」との主張を貫いている

いいから、消費者は黙って金を払え、と。

【火種 その2】

日本芸能実演家団体協議会からは「デジタルオーディオプレーヤーへのシフトが現実に起こっているのに、手を打たずに補償金がゼロになってしまうのは困る」という意見が出た

旨味が減るじゃん、いいから金払えって、と。


あー、メマイが‥‥。

【資料】PC から iPod へのコピーを出来なくすれば問題は解決する--法制小委第8回審議

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。